サプリメントより効果的で綺麗になる、感じて食べる習慣!

サプリメントに頼りがちなあなた。
美味しく食べて元気になる”食事”を楽しみましょう!

野菜の効用についてもお話します。

美ストレッチ教室・野菜の効用

 

1.野菜の栄養

野菜を日常に摂る習慣がない方は
ちょっと意識して野菜を食べてみませんか。

コンビニ弁当や菓子パン、カップ麺で
過ごす毎日から

食事を少しだけ見直しましょう。

驚くほど
体調が良くなりますよ。

野菜には、ビタミンや食物繊維が豊富に含まれています。

ビタミンは主に13種類あり
それぞれ重要な役割を果たしています。

ビタミンCや、緑黄色野菜に多いβ‐カロテンには
発ガン物質が体内で作られるのを
阻止する働きがあり

ビタミンA、C、E、ポリフェノールなどの栄養素には
体内の細胞や組織を
酸化させ生活習慣病の原因となる
活性酸素の発生を抑える作用があると言われています。

食物繊維は腸の掃除役として知られ
生活習慣病の予防に役立ちます。

食物繊維は
野菜、果物、大豆などの豆製品、海藻など
特に種や皮ごと食べるもの
歯ごたえのあるもの
ヌメリのある食べ物に多く含まれます。

さらに、野菜には血圧を下げる働きがある
カリウムも多く含まれています。

2.サプリメントより健康的

これらの栄養素を
サプリメントなどで単一に摂取するよりも

咀嚼して食べることの方が
疾病の予防や美容効果があると感じませんか。

※ 咀嚼することにより唾液に含まれる酵素が分泌される
※ 消化・吸収を促す
※ 血糖値を上昇させ、満腹中枢を刺激するので過食を防ぐ
※ 口の周りの筋肉を動かすことで表情筋を使う
※ 丈夫な歯をつくる

3、食事を楽しむ

味わって美味しくいただく
という食事をしていますか。

スマホを見ながら
本や新聞を読みながら
テレビに夢中になりながら

食べるものに対しての
感情や感動が少ない食生活をしていませんか。

食べることで、感じることが
脳を刺激し
良い栄養となって
あなたの身体を作り上げます。

「美味しいなあ」
「綺麗だなあ」
「いい香り」
「あの頃を思い出すな」
「おふくろの味に似てる」

いろんなことを
感じてみましょう!

4.終わりに

食べることに意識を向ける生活。
少し続けてみませんか?

不足しがちな
野菜についての栄養をご紹介しました。

一人暮らしで
食事づくりが面倒な方は

簡単につくれるものを
用意しておくのがお勧めです。

瓶詰、乾物、真空パックなど
購入しておくと便利です。


いつもお読み頂きありがとうございます!
ランキングに参加しています。あなたのタップ&クリックがとても励みになります。

▼ ▼ ▼
にほんブログ村 健康ブログ 健康コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村

カテゴリー: 食と栄養
タグ:, , , ,

- スポンサーリンク -

宜しければシェアして下さい!



- スポンサーリンク -

関連記事一覧

アスタキサンチンと食用油の分類を知り体に良い食材を選ぼう
アスタキサンチンと食用油の分類を知り体に良い食材を選ぼう

踊る健康栄養士杉山ゆみです。 脳に良い栄養素 今日はアスタキサンチンと植物油オメガ3、オメガ9です。 1.血液サラサラの栄養素 全身の血液をサラサラにして 脳血管の血液もスムーズに流しましょう。 血流が良くなると言われる …

体内のサビ・活性酸素を取り除けば、体は中から若返える
体内のサビ・活性酸素を取り除けば、体は中から若返える

こんばんは。踊る健康栄養士の杉山ゆみです。 先日、料理教室を開催しました。料理のテーマは「抗酸化栄養素」 今回は、体内の酸化や酸化を防ぐ抗酸化についてお話します。 1.カラダの酸化ってなんだろう 体内の酸化。 よく言われ …

冷え性、低体温は危険!今日から使える身近な温め食材
冷え性、低体温は危険!今日から使える身近な温め食材

こんばんは。踊る健康栄養士杉山ゆみです。 今日は、冷え性の方のために体を温める食材のお話です。 1.低体温 私たちの体温は36.5度程度です。最近は低体温の女性が増え、35度台の方も多いようです。 体温が下がることで体内 …

いつも食べてるこの食材が美肌と風邪の予防に力を発揮する
いつも食べてるこの食材が美肌と風邪の予防に力を発揮する

皆さまこんばんは。踊る健康栄養士の杉山ゆみです。 食べ物は薬以上の薬です。 医食同源、今日は食べ物と栄養についてお話します。 1.食べ物がもたらす満足感 食べ物には様々な栄養素が含まれていて 私たちの体を維持し、健康を保 …

無理な食事制限でカラダは崩壊!体が喜ぶダイエットを
無理な食事制限でカラダは崩壊!体が喜ぶダイエットを

こんばんは。踊る健康栄養士杉山ゆみです。 今日は、食事を減らし過ぎてしまうダイエットの危険についてです。 1.筋肉も落ちてしまう食事制限 冬に増加してしまった体重。 「夏までに何とか落としたい!」 そう思っていらっしゃる …

プラスマローゲン、ジオスゲニン、身近な食材で脳が活性化!
プラスマローゲン、ジオスゲニン、身近な食材で脳が活性化!

踊る健康栄養士杉山ゆみです。 脳に良い栄養の最終回。 今回は貝類や山芋に含まれる栄養素についてのお話です。 1.血流が良くなる栄養素 脳は心臓の拍動や呼吸、体温調節などといった 生命活動をはじめ行動や言動、思考や感情、 …

本が出ます!「食事とストレッチで介護されない体づくり」
本が出ます!「食事とストレッチで介護されない体づくり」

1月に出版予定です。   出版に向けて 今年の初めの頃から歩き出し 季節が過ぎて   外苑のイチョウが綺麗な この時期に   著者校正が終わって 初校ゲラを提出しました。   今年はどれだけ 多くの皆さまに   お力にな …

抗酸化のベータカロテンやポリフェノールはパワフル食材!
抗酸化のベータカロテンやポリフェノールはパワフル食材!

踊る健康栄養士杉山ゆみです。 今日は血液サラサラの代表的な栄養素 ベータカロテンやポリフェノールをお伝えします。   1.体内の血管に働き、血流が良くなる食材 体に効果的ということは 首から上の脳にも効きます。 …

スプーンやカップ1杯の材料の重量を覚えておくと便利!
スプーンやカップ1杯の材料の重量を覚えておくと便利!

1杯の重量は、材料によって違います 1.大さじ、小さじ、カップ お料理に使うこの道具 活用していますか? 大さじ1、小さじ1、小さじ1/2、1カップ、1/2カップ これらの量はどの位でしょう? 小さじ1杯は5ml 大さじ …

ナットウキナーゼ、イソフラボン脳に良い栄養は身近な食材
ナットウキナーゼ、イソフラボン脳に良い栄養は身近な食材

踊る健康栄養士杉山ゆみです。 今日は脳に良い栄養の第2弾。 ナットウキナーゼとイソフラボンについてお話します。 1.脳が元気になる栄養素 脳はあなたの体の感覚を受信し指令する場所。 脳が活性化されてこそ健康であると言えま …


- スポンサーリンク -