片足バランス!一日一回このポーズでキュッとしまってくる

膝を高く上げて片足立ちになってみましょう。

 

美ストレッチ教室・片足立ち

 

1.片足立ちは体の左右バランスを整える

写真の女性はトウシューズを履いていますが
あなたはもちろん、そのままで構いません。
靴下でも、裸足でも。

「グリコのポーズ」の様に
「フラミンゴ」の様に
反対の足の内側につま先を付けて
膝を高く上げてみましょう。

いかがでしょうか。
簡単にできますか?

2.片足でも支えていられる体

片足で立てるということは
中心軸に向けて
力を入れることができる体です。

ブレが少なくなって
グラグラと揺れることなく
安定してきます。

太ももの内側に力が入って
お腹がキュッと締まります。

年齢と共に筋力が落ちて
締りがなくなり
お尻が落ちて膝が曲がってくると

頭が前方に落ちて
体を真っ直ぐに保つことが難しくなります。

頭の先が天を向いていなければ
このポーズはできません。

逆に
いつも体を真っ直ぐにキープして
腰や、背中を伸ばすことを意識していると
腹筋や背筋が使われて
片足でも支えられる体になってきます。

歩き方も変わってきます。

3.かかとを上げる

応用編はかかとを上げる所まで
挑戦してみましょう。

壁に手を触れて支えながらでも
構いません。

片足を上げて
一本の足だけで体を支えられますか。

バレエのポーズのように。

グラグラしても良いですよ。
体は中心を見つけようとして
動き出します。

それを行うことが大切です。
日々、繰り返すことで
あなたの体は確実に締まってきます。

一日に一回この運動をおこないましょう。

慣れてきたらリズミカルに
左右合わせて
10回くらい続けると効果的です。

肩に力を入れてしまうと
上手くできません。
歯もくいしばりません。

上の方に力の入った体は
不安定です。

お腹に力を入れましょう。

体の中止に向けて
力が入るようになると
体だけではなく
気持ちのブレもなくなってきます。

体と心はつながっています。

4.終わりに

片足立ちになるポーズ。
いかがでしたか。

あなたの左右差を知ることもできます。
ぜひ、トライしてくださいね。


いつもお読み頂きありがとうございます!
ランキングに参加しています。あなたのタップ&クリックがとても励みになります。

▼ ▼ ▼
にほんブログ村 健康ブログ 健康コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村

カテゴリー: 踊る健康栄養士・杉山ゆみの港区ストレッチ教室公式ブログ
タグ:, , , ,

- スポンサーリンク -

宜しければシェアして下さい!



- スポンサーリンク -

関連記事一覧

ヘルニアの痛みに悩まされた50代男性、こんなに改善された
ヘルニアの痛みに悩まされた50代男性、こんなに改善された

20代の初めにヘルニアの手術をした男性。 術後も腰痛が消えたわけではありませんでした。 1.常に腰が痛い 51歳の男性は 腰痛のない人生が考えられないほど いつも腰の痛みと背中合わせでした。 13歳の時 体育の授業で背面 …

血管が見えて注射しやすい!看護師が活用しているストレッチ
血管が見えて注射しやすい!看護師が活用しているストレッチ

今日は注射が楽にできるようになった 32歳の看護師さんのお話です。 1.力を抜くって何? 長年、看護師として働いていた彼女は 保健師の資格も持つベテランの32歳。 初めてストレッチを受けた時 「肩の力を抜きましょう」 の …

固まった骨盤をうつ伏せでほぐす!股関節ストレッチ
固まった骨盤をうつ伏せでほぐす!股関節ストレッチ

股関節が硬い方は無理をせず 少しずつ開いていってください。 1.股関節は柔軟ですか あなたの股関節は 柔軟ですか? 写真の形になった時 心地よく膝が開きますか? 日常の生活の中で いつの間にか 硬く固まってしまうと そけ …

ピタッと広がった足、最初は硬くて全然できなかったんです!
ピタッと広がった足、最初は硬くて全然できなかったんです!

綺麗な開脚、見ていても気持ちがいいです! 1.股関節の柔軟性 この女性 趣味のダンスが上手になりたくて 続けているうちに だんだん広がるようになりました。 最初は硬くて痛くて 足を開くと 背中が丸くなり ひざが曲がって …

重い体、冷え、むくみ、骨盤のゆがみを整えるだけで楽になる
重い体、冷え、むくみ、骨盤のゆがみを整えるだけで楽になる

こんばんは。踊る健康栄養士の杉山ゆみです。 今回は、骨盤のゆがみについてお話します。 1.あなたの骨盤、ゆがんでいませんか? 骨盤の周りの筋肉は、大人になるにつれて硬く固まってきます。 小さな頃は動き回って自然にほぐれて …

歯の食いしばりはアゴや頬が硬く張る!ここをゆるめれば小顔に
歯の食いしばりはアゴや頬が硬く張る!ここをゆるめれば小顔に

今日は歯のくいしばりについてのお話です。 1.歯をくいしばると様々な不調が あなたは歯をくいしばることがありますか? 食いしばりの癖がある方は アゴや頬にとても緊張があります。 顔を指先でクルクルとマッサージしてみてくだ …

いつも身体が自然に動いてほぐしています!78歳女性
いつも身体が自然に動いてほぐしています!78歳女性

1か月ぶりにレッスンにいらっしゃったこの女性 1.体調を崩して寝ていました 高齢になって具合が悪くなると 回復力は若い頃に比べて低下します。 年齢と共に免疫の力が落ちてくるからです。 横になる時間が長くなると 筋肉が硬く …

内臓脂肪のメタボと運動器のロコモ
内臓脂肪のメタボと運動器のロコモ

メタボリックシンドロームは皆さまもご存知かと思います。 ロコモティブシンドロームは耳にしたことがありますか。 健康長寿にはメタボとロコモを改善させることが大切です。 11月のレッスン情報 1.メタボとロコモ メタボリック …

こんなに軽い足になるの!第2の心臓ふくらはぎほぐし
こんなに軽い足になるの!第2の心臓ふくらはぎほぐし

足が重たい、だるい方、ふくらはぎほぐしはお勧めです! 1.第2の心臓と言われるわけ 心臓から送り出された血液は 循環して再び心臓へと戻ってきます。 押し出された血液は大動脈、毛細血管 そして静脈へと流れていきます。 上半 …

内臓下垂、尿もれには美のインナーマッスル骨盤底筋を締める!
内臓下垂、尿もれには美のインナーマッスル骨盤底筋を締める!

骨盤底筋(こつばんていきん) 耳慣れない言葉ですが 女性の悩みで多い 内臓下垂や尿もれを予防する 大切な筋肉群です。 1.太ももの内側 写真のように ひざや、内くるぶしを近づけて 足を交互に伸ばしましょう。 両足の太もも …


- スポンサーリンク -