杉山ゆみ 東京港区 美ストレッチブログ

体の重心を、今より後にするだけで10歳若返る!

美ストレッチ教室・姿勢

こんばんは。踊る健康栄養士の杉山ゆみです。
今回は、20代の女性がハッと気づいた、姿勢と体の重心についてお伝えします。

美ストレッチ教室,姿勢

 

 

1.姿勢が悪いってどういうこと?

20代後半の、笑顔が似合うこの女性
職業は看護師さんです。

一日中立ちっぱなしで診療室を動き回っています。
患者さんへの対応、Dr.の補助、職員との連絡・・・

目が回るほどの忙しさで
時間があっという間に過ぎてしまいます。

仕事が終わってフーッとひと息
力が抜けてきます。

肩も、背中も、お腹もゆるんで
アゴが上がり、力なくたたずむその姿。

腕が前にだらりと落ちて
まるでゾンビのようです。

でも、これが楽でした。

2.体の重心はもっと後

この姿勢を続けていると、体は前に前にと傾いて
しまいにはヒザが軽く曲がってきます。

肩が落ち、丸まった背中にぜい肉が付いてきます。

この姿勢が楽と感じていたら
20代にして老人体型まっしぐらです。

体を真っ直ぐにしましょう。

つま先の方にかかっていた重心を
土踏まずの中央あたりに持ってきます。

最初は後に寄りかかっていると感じるほど
体が移動します。

それだけ前に落ちていたのですよ。

胸の位置も上がってきます。

落ちていた胸が上がると
首の後が伸びてきます。
アゴが引かれて、綺麗になってきました。
何となく、気分もスッキリとしてきました。

3.腕が細くなってブラウスが着られるようになった

丸くなっていた背中や肩が伸びて
前方にあった肩の位置が後になると

背中に滞って、たまっていたぜい肉が
自然になくなります。流れていきます。

不思議ですね。
重心を変えただけなのに。

肩や背中がスッキリして
腕が入らなくて諦めていたブラウスが
着られるようになりました。

これには感激!
可愛い笑顔がもっと輝きました。

4.終わりに

今回のお話はいかがでしたか。

姿勢が良くなり、重心が変化すると
体型まで変わってくるのです。

体の位置を正しい場所に持ってくると
滞りが流れていきます。

みなさんも鏡に姿を映して
姿勢をチェックしてみてはいかがでしょう。