放っておいては危険!足の静脈瘤を早期発見する症状とは

こんばんは。踊る健康栄養士の杉山ゆみです。
今回は、インプラントを外す手術をすることになった50代の女性のお話です。足にむくみがありました。静脈瘤だったのです。

美ストレッチ教室・美脚

1.全身麻酔で手術をすることになった!

この女性、インプラントの周りに炎症を起こしてしまい、取り外しの手術をすることになりました。

大きな病院の口腔外科で全身麻酔手術です。
インプラントが取り外しにこんなに大変だとは思いませんでした。

全身麻酔ですから、それに体が耐えられるよう色々と検査に回りました。
血液検査、尿検査、心機能、心電図、呼吸器、肺活量、そして、下肢に軽いむくみがあるとのことで、静脈瘤の超音波検査、足の血圧測定も受けました。。

足がむくんでいるということは、心臓から押し出された血液が足の先まで流れ、それを戻す力が弱いのです。足の筋肉を動かして血管のポンプを働かせないと、戻りの悪い状態になりむくみにつながります。

下肢静脈瘤は、下肢の静脈で血液が足に逆流して戻ってしまい、瘤になってしまった状態です。目立って瘤がなくても、静脈瘤になっているかもしれません。下肢静脈瘤とは何でしょう。

それでは、症状や原因をご覧ください。

2.下肢静脈瘤の症状

始めは、足がだるい、つるなど小さな症状が繰り返されます。

■ 足が重い、だるい、痛い
■ 足が異常にむくむ、左右に差がある
■ 就寝前・就寝中・明け方によく足がつる
■ 足の湿疹が直らない
■ 足の皮膚が硬い
■ 足の皮膚が茶色に変色している
■ ふくらはぎやひざの裏の血管が蛇行して見える、ボコボコと浮き出ている
■ 足の血管がクモの巣状になり目立つ

このような症状が続いていたら、早めにお医者様の診断を受けましょう。

3.下肢静脈瘤ができる原因

下肢静脈瘤の原因に多いのは、足をあまり動かすことがないデスクワークや立ち仕事、運動不足、妊娠・出産、遺伝、血液中の脂質異常など様々です。

■ 立ち仕事・デスクワーク
立ちっぱなし、座りっぱなしの仕事など、長時間同じ状態が続く  と、静脈の流れを滞らせてしまいます。
■ 妊娠・出産
黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響で血管が拡張し、静脈が広がりやすくなります。妊娠中は黄体ホルモンが活発に分泌されて血中濃度が高くなり、その結果、下肢に流れる血流量が増加し、静脈の弁を壊してしまうことがあります。
■ 加齢
加齢とともに歩く時間も減り、静脈の弁の働きが弱まってしまうこともあります。
■ 脂質異常
血液中の脂質、コレステロールや中性脂肪が高くなると血管に負担がかかり、動脈硬化だけではなく静脈にも影響します。
■遺伝
血縁者に下肢静脈瘤患者がいる場合、また体質的に静脈の逆流弁が弱いなど、遺伝的要因もあるといわれています。

こうして予防しよう
足を動かしたり、ほぐしたり、あたためて、血管を刺激して血流を良くしていきたいですね。適度な運動とバランスのとれた食事、水分補給による血流改善とむくみをなくすことが予防などとなります。

4.終わりに

インプラントの手術のお蔭で、下肢静脈瘤が軽いうちに見つかった彼女は、医療用の弾力のあるストッキングを履いています。

なんとなく足がむくむ、だるい、重い、ほてる。こんな何気ない不調。下肢静脈瘤が重症化してしまう要因は、これらのサインを見過ごしてしまう点にあります。初期では見た目ではわからないこともあります。違和感があれは早い目に診察を受けましょう。

 


いつもお読み頂きありがとうございます!
ランキングに参加しています。あなたのタップ&クリックがとても励みになります。

▼ ▼ ▼
にほんブログ村 健康ブログ 健康コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村

カテゴリー: 踊る健康栄養士・杉山ゆみの港区ストレッチ教室公式ブログ
タグ:, , , ,

- スポンサーリンク -

宜しければシェアして下さい!



- スポンサーリンク -

関連記事一覧

歩きで体型が変わる!綺麗な歩き方をしていますか?
歩きで体型が変わる!綺麗な歩き方をしていますか?

不意なできごとで足を骨折してしまうことがあります。 道端でつまずいたり お風呂場で足を滑らせたり・・・ 柔軟な体と、綺麗な歩き方を心がけると それだけでも予防になりますよ。 1.歩きを意識する あなたはご自分が どんな風 …

気になるポッコリお腹、セルライトになりやすいタイプはこれ
気になるポッコリお腹、セルライトになりやすいタイプはこれ

こんばんは。踊る管理栄養士の杉山ゆみです。 前回お伝えしたポッコリお腹のタイプを もう一度おさらいしましょう。 1.ポッコリお腹、あなたのタイプはどれ? お腹がポッコリ出ていて気になる方 お腹の出ている部分はどこですか? …

仰向けで寝ると、背中が当たって痛くて辛かった痛みが消えた
仰向けで寝ると、背中が当たって痛くて辛かった痛みが消えた

こちらの女性は60代の終わり。 一年間の変化です。 1.腕が上がらなかった 左の写真は最初の頃 右は一年後。 スッキリしていますね。 肩が落ちて腕も長くなっています。 左の写真の背中の上部は 盛り上がって 首が短く 硬く …

85歳の足が元気になる!足を後に、そけい部とつま先伸ばし
85歳の足が元気になる!足を後に、そけい部とつま先伸ばし

この後ろ姿の女性は85歳です。   1.足を後に出して、つま先まで伸ばす 後に出した足の甲を下にして 綺麗につま先まで伸ばすのは 結構大変です。 膝が曲がってしまったり かかとが外に向いてしまったりして スッと …

あなたの歩きを意識していますか?後ろ姿はかっこいい?
あなたの歩きを意識していますか?後ろ姿はかっこいい?

歩くとき頭が前に行こうとしていませんか。 20代、30代の方々の 歩きの練習です! この皆さんは 一度で 綺麗なポーズを とってくれましたが 歩くときの後ろ姿は 実際の年齢に関係なく その方の体年齢を表します。 首と肩が …

すごい!毎日のストレッチで男性もこんなに柔軟になる
すごい!毎日のストレッチで男性もこんなに柔軟になる

足のつけ根の筋肉をほぐしています。 タオルを利用し 足を顔に近づけたり 外側や内側に倒して 足のつけ根や 股関節の周囲を伸ばします。 片足が終わって 足を下ろし まだやっていない方と比べると 足が長く伸びて 軽くなってい …

縮みやすい腕のつけ根を伸ばそう!毎日腕上げストレッチ
縮みやすい腕のつけ根を伸ばそう!毎日腕上げストレッチ

寒くなってきましたね。体が縮こまって肩や背中もこわばります。皆さんは、一日のうち何回腕を上げますか。 日常生活で腕を上げる動きは、あまりありません。体は、「使っていない筋肉は必要がないもの」と縮まらせてしまいます(廃用性 …

身体と心は一緒?ほぐれた体は調子が良くなる、運が良くなる
身体と心は一緒?ほぐれた体は調子が良くなる、運が良くなる

柔軟性のある体はいいことがたくさんありますよ。 1.筋肉が硬いと血流が悪くなる 硬い体、柔軟性のない体は 動きが悪く、ケガをしやすく そして、少しの動きでも 筋肉痛を起こしやすいのです。 筋肉が硬いと血液の循環が悪くなり …

首の斜め筋を美しくする、首と鎖骨のマッサージ
首の斜め筋を美しくする、首と鎖骨のマッサージ

レッスンにお越しくださっているこの女性 60代で、ますます美しさが磨かれています! 1.首すじと鎖骨 久し振りに撮らせていただいた 写真を見て 思わず叫んでしまいました。 「首筋がキレイ!!!」 首すじから鎖骨に向けて …

太る痩せるの仕組みを知る!心で感じて食べることを意識する
太る痩せるの仕組みを知る!心で感じて食べることを意識する

美味しく食べて、元気に動く。 健康な体は大きな体重変動がありません。 1.太る・痩せるのしくみを知る   太る・やせるは、体がむくんでいたり、 疲労が大きかったり、ホルモンバランスの崩れ、 栄養を吸収しにくい体 …


- スポンサーリンク -