放っておいては危険!足の静脈瘤を早期発見する症状とは

こんばんは。踊る健康栄養士の杉山ゆみです。
今回は、インプラントを外す手術をすることになった50代の女性のお話です。足にむくみがありました。静脈瘤だったのです。

美ストレッチ教室・美脚

1.全身麻酔で手術をすることになった!

この女性、インプラントの周りに炎症を起こしてしまい、取り外しの手術をすることになりました。

大きな病院の口腔外科で全身麻酔手術です。
インプラントが取り外しにこんなに大変だとは思いませんでした。

全身麻酔ですから、それに体が耐えられるよう色々と検査に回りました。
血液検査、尿検査、心機能、心電図、呼吸器、肺活量、そして、下肢に軽いむくみがあるとのことで、静脈瘤の超音波検査、足の血圧測定も受けました。。

足がむくんでいるということは、心臓から押し出された血液が足の先まで流れ、それを戻す力が弱いのです。足の筋肉を動かして血管のポンプを働かせないと、戻りの悪い状態になりむくみにつながります。

下肢静脈瘤は、下肢の静脈で血液が足に逆流して戻ってしまい、瘤になってしまった状態です。目立って瘤がなくても、静脈瘤になっているかもしれません。下肢静脈瘤とは何でしょう。

それでは、症状や原因をご覧ください。

2.下肢静脈瘤の症状

始めは、足がだるい、つるなど小さな症状が繰り返されます。

■ 足が重い、だるい、痛い
■ 足が異常にむくむ、左右に差がある
■ 就寝前・就寝中・明け方によく足がつる
■ 足の湿疹が直らない
■ 足の皮膚が硬い
■ 足の皮膚が茶色に変色している
■ ふくらはぎやひざの裏の血管が蛇行して見える、ボコボコと浮き出ている
■ 足の血管がクモの巣状になり目立つ

このような症状が続いていたら、早めにお医者様の診断を受けましょう。

3.下肢静脈瘤ができる原因

下肢静脈瘤の原因に多いのは、足をあまり動かすことがないデスクワークや立ち仕事、運動不足、妊娠・出産、遺伝、血液中の脂質異常など様々です。

■ 立ち仕事・デスクワーク
立ちっぱなし、座りっぱなしの仕事など、長時間同じ状態が続く  と、静脈の流れを滞らせてしまいます。
■ 妊娠・出産
黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響で血管が拡張し、静脈が広がりやすくなります。妊娠中は黄体ホルモンが活発に分泌されて血中濃度が高くなり、その結果、下肢に流れる血流量が増加し、静脈の弁を壊してしまうことがあります。
■ 加齢
加齢とともに歩く時間も減り、静脈の弁の働きが弱まってしまうこともあります。
■ 脂質異常
血液中の脂質、コレステロールや中性脂肪が高くなると血管に負担がかかり、動脈硬化だけではなく静脈にも影響します。
■遺伝
血縁者に下肢静脈瘤患者がいる場合、また体質的に静脈の逆流弁が弱いなど、遺伝的要因もあるといわれています。

こうして予防しよう
足を動かしたり、ほぐしたり、あたためて、血管を刺激して血流を良くしていきたいですね。適度な運動とバランスのとれた食事、水分補給による血流改善とむくみをなくすことが予防などとなります。

4.終わりに

インプラントの手術のお蔭で、下肢静脈瘤が軽いうちに見つかった彼女は、医療用の弾力のあるストッキングを履いています。

なんとなく足がむくむ、だるい、重い、ほてる。こんな何気ない不調。下肢静脈瘤が重症化してしまう要因は、これらのサインを見過ごしてしまう点にあります。初期では見た目ではわからないこともあります。違和感があれは早い目に診察を受けましょう。

 


いつもお読み頂きありがとうございます!
ランキングに参加しています。あなたのタップ&クリックがとても励みになります。

▼ ▼ ▼
にほんブログ村 健康ブログ 健康コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村

カテゴリー: 踊る健康栄養士・杉山ゆみの港区ストレッチ教室公式ブログ
タグ:, , , ,

- スポンサーリンク -

宜しければシェアして下さい!



- スポンサーリンク -

関連記事一覧

いつも食べてるこの食材が美肌と風邪の予防に力を発揮する
いつも食べてるこの食材が美肌と風邪の予防に力を発揮する

皆さまこんばんは。踊る健康栄養士の杉山ゆみです。 食べ物は薬以上の薬です。 医食同源、今日は食べ物と栄養についてお話します。 1.食べ物がもたらす満足感 食べ物には様々な栄養素が含まれていて 私たちの体を維持し、健康を保 …

アスタキサンチンと食用油の分類を知り体に良い食材を選ぼう
アスタキサンチンと食用油の分類を知り体に良い食材を選ぼう

踊る健康栄養士杉山ゆみです。 脳に良い栄養素 今日はアスタキサンチンと植物油オメガ3、オメガ9です。 1.血液サラサラの栄養素 全身の血液をサラサラにして 脳血管の血液もスムーズに流しましょう。 血流が良くなると言われる …

すごい!毎日のストレッチで男性もこんなに柔軟になる
すごい!毎日のストレッチで男性もこんなに柔軟になる

足のつけ根の筋肉をほぐしています。 タオルを利用し 足を顔に近づけたり 外側や内側に倒して 足のつけ根や 股関節の周囲を伸ばします。 片足が終わって 足を下ろし まだやっていない方と比べると 足が長く伸びて 軽くなってい …

腰や背中がこっている方にお勧めのストレッチ
腰や背中がこっている方にお勧めのストレッチ

体を支えている中心の骨盤。 腰や背中は自覚がなくても緊張しやすいのです。 両手を広げて手のひらを下に向け 両足を付けてひざを立てます。 左右にゴロンゴロンと倒しましょう。 腕のつけ根が 大きく上がらないようにして 胴体を …

原因は体内のプリン体!高尿酸血症、痛風はこうして発症する
原因は体内のプリン体!高尿酸血症、痛風はこうして発症する

痛風、 突然の痛みに驚きますね。 足の親指の関節が腫れあがって 整形外科に飛び込んだら 「いや、これは高尿酸血症、痛風ですよ」 と言われて内科を受信された方も多いのです。 1.高尿酸血症・痛風とは? 体内の尿酸の値は一定 …

血管が見えて注射しやすい!看護師が活用しているストレッチ
血管が見えて注射しやすい!看護師が活用しているストレッチ

今日は注射が楽にできるようになった 32歳の看護師さんのお話です。 1.力を抜くって何? 長年、看護師として働いていた彼女は 保健師の資格も持つベテランの32歳。 初めてストレッチを受けた時 「肩の力を抜きましょう」 の …

私の肩甲骨見えないんです!コッた背中が痛くて辛い29歳女性
私の肩甲骨見えないんです!コッた背中が痛くて辛い29歳女性

ちょっと見えにくいけれど あなたの背中を鏡に映してみてください。 肩甲骨の存在が確認できますか。 1.スリムで綺麗な女性 今日は29歳の女性のお話です。 背が高くスリムで綺麗なこの女性の 悩みは首や肩のコリと痛み。 伸ば …

簡単!足首曲げ伸ばしを繰り返せば、足のむくみは解消する
簡単!足首曲げ伸ばしを繰り返せば、足のむくみは解消する

こんばんは。踊る健康栄養士の杉山ゆみです。 足のむくみ解消!今夜も足のストレッチをご紹介します。 1.足のむくみにはこんな原因があった 昨日に引き続き、足のむくみについてお話します。 足のむくみのは主に、次のようなことが …

片足バランス!一日一回このポーズでキュッとしまってくる
片足バランス!一日一回このポーズでキュッとしまってくる

膝を高く上げて片足立ちになってみましょう。     1.片足立ちは体の左右バランスを整える 写真の女性はトウシューズを履いていますが あなたはもちろん、そのままで構いません。 靴下でも、裸足でも。 「 …

歩きで体型が変わる!綺麗な歩き方をしていますか?
歩きで体型が変わる!綺麗な歩き方をしていますか?

不意なできごとで足を骨折してしまうことがあります。 道端でつまずいたり お風呂場で足を滑らせたり・・・ 柔軟な体と、綺麗な歩き方を心がけると それだけでも予防になりますよ。 1.歩きを意識する あなたはご自分が どんな風 …


- スポンサーリンク -