簡単!足首曲げ伸ばしを繰り返せば、足のむくみは解消する

こんばんは。踊る健康栄養士の杉山ゆみです。

足のむくみ解消!今夜も足のストレッチをご紹介します。

美ストレッチ教室・足首

1.足のむくみにはこんな原因があった

昨日に引き続き、足のむくみについてお話します。
足のむくみのは主に、次のようなことが原因として考えられます。

リンパの流れや血流が悪い
冷えや、窮屈な下着による締め付け、肥満による血管への圧迫が大きいなど

水分の蓄え、排出機能が衰え
塩分のとり過ぎや、アルコールのとり過ぎなど

ふくらはぎのポンプ機能低下
長時間立ったま、座ったままによる筋肉の硬直

代謝の低下
ストレスなどによる自律神経の乱れ、疲労や睡眠不足など

2.足のむくみは、早いうちに対処を

むくみを放っておくと、改善するのに長い時間がかかります。
次のことを実践して早い段階で対処をしましょう。

筋肉が硬くなるのを防ぐ
長い時間同じ姿勢でいると、筋肉が硬くなってしまい
ふくらはぎのポンプ機能が十分に使われなくなります。
意識的にほぐしてあげることが大切です。

適度な運動をしてふくらはぎの筋力をつける
階段を使ってみたり、つま先立ちを繰り返す運動をしたりして
ふくらはぎの筋肉を鍛えるように心がけましょう。
ふくらはぎの筋力が適度に保たれれば
ポンプ機能が働き、むくみ防止が期待できます。

良質な睡眠をとる
良い睡眠をとらないと、疲労が蓄積され代謝も低下してしまい
むくみの要因にもなります。良質な睡眠をとるようにしましょう。

冷やさない
靴下を履いたり、レッグウォーマーやひざ掛けを利用します。
夏でも、エアコンの効き過ぎで足元は想像以上に冷えやすい状態にあります。
冷えに気をつけるようにしましょう。

締め付けない
身体を締め付けない下着や洋服、靴などを選ぶようにしましょう。
補正下着や、サイズのきつい洋服、ヒールやパンプスなどで
過度に身体を圧迫すると、血行が悪くなり、むくみやすくなります。

3.足のお勧めストレッチとマッサージ

写真のように、仰向けになって足を上げると楽にできます。

・足首の曲げ伸ばしは丁寧におこまいましょう。
曲げるときは、かかとを押し出すように曲げ、
伸ばすときは、つま先を遠くに指の先まで伸ばします。

・ふくらはぎを、かかと側からヒザの後までもみほぐします。

・ヒザの後を軽くほぐし、ヒザ全体を手の平であたためます。

・両足を上げ、ブルブル小刻みに動かします。

4.終わりに

今回の足のむくみ対策はいかがでしたか。

足のむくみは身体からのサインと受け止めましょう。
ぜひ、いろいろ取り入れてみてくださいね。


いつもお読み頂きありがとうございます!
ランキングに参加しています。あなたのタップ&クリックがとても励みになります。

▼ ▼ ▼
にほんブログ村 健康ブログ 健康コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村

カテゴリー: 踊る健康栄養士・杉山ゆみの港区ストレッチ教室公式ブログ
タグ:, , , ,

- スポンサーリンク -

宜しければシェアして下さい!



- スポンサーリンク -

関連記事一覧

太ももの内側を伸ばし開脚が綺麗になるお勧めのポーズ
太ももの内側を伸ばし開脚が綺麗になるお勧めのポーズ

このように 仰向けで開脚します。 ヒップが壁から 離れてしまうので 何度も近付けながら ジワジワと伸ばしましょう。 効きますよ~! 先日はレッスンをお受けくださり ありがとうございました

股関節を柔らかくするには太ももから
股関節を柔らかくするには太ももから

股関節が硬い方は 太ももやひざの周りから ほぐしていきましょう。 写真のように つま先を反対側の足に乗せ ひざを床に押し込んでいきます。 ひざが浮いてしまう方は つま先を下に 落として構いません。 太ももとひざの内側を …

冷え性、低体温は危険!今日から使える身近な温め食材
冷え性、低体温は危険!今日から使える身近な温め食材

こんばんは。踊る健康栄養士杉山ゆみです。 今日は、冷え性の方のために体を温める食材のお話です。 1.低体温 私たちの体温は36.5度程度です。最近は低体温の女性が増え、35度台の方も多いようです。 体温が下がることで体内 …

二人でストレッチー足首をほぐしてしなやかにー
二人でストレッチー足首をほぐしてしなやかにー

足首が硬くなると 体全体が硬く 腰や肩も硬くなりがちです。 一人で動かすより 誰かにギューッと 曲げてもらうと心地いいですよ。   写真のように 相手の足の指の後側に 足を置いて 足首をキュッキュッと 曲げたり …

相乗効果の栄養で代謝が高まる!元気になる
相乗効果の栄養で代謝が高まる!元気になる

仙台で料理教室を開催しました。 彩りうーめん&カラフル稲荷 えのき茸のポタージュ 青菜とわかめの梅和え シュワシュワなゼリー (一人分の栄養 580kcal、たんぱく質24.4g、脂質16.0g) テーマは 「相乗効果の …

リンパ液を流して軽い足腰!そけい部や股関節をほぐそう
リンパ液を流して軽い足腰!そけい部や股関節をほぐそう

全身に張り巡らされたリンパ管 今日は脚のつけ根をほぐします。 1.リンパ組織 全身に張り巡らされているリンパ管 そのリンパ管を流れるリンパ液 リンパ管が合流している部にあるリンパ節 それらをまとめて「リンパ組織」と呼びま …

体のこわばりがなくなり4キロ減!首肩こり解消、体が軽い!
体のこわばりがなくなり4キロ減!首肩こり解消、体が軽い!

毎週レッスンに通って下さる 60代の可愛らしい女性は この1ヶ月で大きな変化を見せています。 1.最初は体重が大きく減らなくても大丈夫! 何年もレッスンを楽しんでくださっている女性です。 レッスンにいらしてから 彼女のお …

片足バランス!一日一回このポーズでキュッとしまってくる
片足バランス!一日一回このポーズでキュッとしまってくる

膝を高く上げて片足立ちになってみましょう。     1.片足立ちは体の左右バランスを整える 写真の女性はトウシューズを履いていますが あなたはもちろん、そのままで構いません。 靴下でも、裸足でも。 「 …

首筋マッサージは優しくゆったりと
首筋マッサージは優しくゆったりと

疲れや緊張が続くと 首や肩の周りが辛いですね。 一日同じ体勢でいるだけでも 体はコリ固まってきます。 手の平を首の後ろから前に ゆっくり何度も動かし あたためるように、ほぐしていきます。 少しずつ手の平の位置を下げ 肩か …

内臓下垂、尿もれには美のインナーマッスル骨盤底筋を締める!
内臓下垂、尿もれには美のインナーマッスル骨盤底筋を締める!

骨盤底筋(こつばんていきん) 耳慣れない言葉ですが 女性の悩みで多い 内臓下垂や尿もれを予防する 大切な筋肉群です。 1.太ももの内側 写真のように ひざや、内くるぶしを近づけて 足を交互に伸ばしましょう。 両足の太もも …


- スポンサーリンク -