東京ベイ美ストレッチ
骨マニアの美ストレッチ
美ストレッチブログ

その姿勢で大丈夫?明日からあなたも楽ちんデスクワーク!

こんばんは。踊る健康栄養士の杉山ゆみです。
デスクワークが続くと、肩や首がコリコリ、腰も硬くなりますね。
辛くなる前に、こんなことに気を付けましょう!

美ストレッチ教室・デスクワーク

 

1.あなたのカラダは疲労でいっぱいになっていませんか

多忙なデスクワークが続くと
つい長時間同じ姿勢をとってしまいがちです。
知らないうちに疲労がたまって
気づいたら肩も首も痛くて
「このコリをどうにかして!」
と言うくらい固まってしまいます。
頭痛や吐き気を伴うこともあります。
そうなると
あなたの本来の力、パフォーマンスが
発揮できなくなってしまいます。
作業の疲労を軽減する方法やコツを
身につけておくことは大切です。

2.体が楽な状態でデスクワークを

体にとってできるだけ負担の少ない状態に
椅子やパソコンの位置を変えてみましょう。

① 椅子の高さ
椅子の高さは、足の裏がしっかり床に着く高さにします。
足首・膝・股関節が90度になる状態にしておくと
下半身に負担がかからない高さで座れます。

机に合わせると足が浮く場合は、足に台を置くなどして調節すると良いですね。

② キーボードやマウスの位置
背筋を伸ばして座り、肩をリラックスさせ腕を身体の横に垂らしてみましょう。
腕がぶら下がっている状態にして、そこから肘を90度に曲げた所に
キーボードやマウスがくるように調整します。

背中を丸めたり、あごを出さないでこのまま作業ができる位置です。

③ モニターの位置
背筋を伸ばした状態で、画面の一番上が目の高さになるようにします。
低い場合は、本や台を置いて調整しましょう。

3.体は真っ直ぐに

体に負担のかからない位置に
椅子やパソコンを変えたら

もっと大切なのは、あなたの体の姿勢です。
背中を丸めて、顔を前に出してパソコンをしていませんか。

椅子やキーボードなどを正しい位置にしても
それでは意味がありません。

背中は真っ直ぐに伸び
頭はその上に乗っています。

パソコンの画面と顔の距離は
とても離れています。

4.終わりに

手作業や、書く仕事などは
どうしても頭が落ちますね。

その時は、時間を決めて体を起こし
大きく伸びをしましょう。

腕のつけ根を伸ばして
ヒジをできるだけ後に引いて

固まった肩や首を
大きくストレッチしてあげましょう。