美ストレッチブログ

無理な食事制限でカラダは崩壊!体が喜ぶダイエットを

こんばんは。踊る健康栄養士杉山ゆみです。
今日は、食事を減らし過ぎてしまうダイエットの危険についてです。


美ストレッチ教室・危険なダイエット

1.筋肉も落ちてしまう食事制限

冬に増加してしまった体重。
「夏までに何とか落としたい!」
そう思っていらっしゃる方も多いですね。

体重を落としたいあまりに主食を減らし過ぎるなどの
極端な食事制限をしてしまうと
「筋肉が減少する=基礎代謝も落としてしまう」
ことになります。

極端な食事制限は、筋肉が減っているのでせっかくの運動も効果がでにくいのです。

野菜だけ、果物だけ、卵だけなどの単品ダイエットは避けましょう。良質のタンパク質、油を摂って元気なカラダを作り上げます。

筋肉が減少すると、体は燃焼効率が悪く冷えやすくなります。体温も平均より低くなってきます。最近は低体温の女性が増えています。35℃代の方は筋肉の燃焼効果が上がるよう、食べて動かすことをしたいですね。

2.こんな食べ方はやめましょう

1.単品ダイエット
単品ダイエットは栄養が偏り、リバウンドを起こしやすいのです。多くの食品から栄養を摂りいれることが大切です。食事をするときに白、緑、赤、黄、黒など多くの色を揃えましょう。ご飯、野菜、タンパク質、海藻などです。

2.油分を抜いてしまう
カロリーが高いからと、油をカットしてしまうとお肌がカサカサになります。脂肪は細胞膜をつくり、コレステロールをつくり、内臓を保護してくれる大切な存在です。体に良い油を適量に摂りましょう。

3.よく噛まず、短時間で終わる食事
食べることはあなたの体をつくること。ゆったりと、食べることに意識を向けましょう。

3.栄養失調状態の体はこうなる

無理なダイエットで栄養失調状態になると、体は体内の各組織の働きを縮小させて、生きるために出来るだけ少ないエネルギーで働き始めます。このような症状が現れてきたら、命にかかわる危険とつながります。

・目がうつろになる
・髪の毛が色あせる
・皮膚に張りがなくなる
・唇や皮膚がカサカサになる
・頬がげっそりとしてくる
・下痢
・血圧低下
・脱水症状
・体力・気力の減少

4.終わりに

今日のお話はいかがでしたか?
本当のダイエットとは、元気になるために”食べること”です。
あなたの一番輝く笑顔をつくるために、あなたのカラダが喜ぶ食べ方をしてくださいね。それでは、また明日!