美ストレッチブログ

抗酸化のベータカロテンやポリフェノールはパワフル食材!

踊る健康栄養士杉山ゆみです。
今日は血液サラサラの代表的な栄養素
ベータカロテンやポリフェノールをお伝えします。

美ストレッチ教室・脳が元気になる栄養・ポリフェノール

 

1.体内の血管に働き、血流が良くなる食材

体に効果的ということは
首から上の脳にも効きます。
脳の血管の流れをスムーズにさせて
元気な体を保ちましょう!

1.DHA・EPA
2.ナットウキナーゼ
3.イソフラボン
4.ベータカロテン、ビタミンC
5.ポリフェノール
6.アスタキサンチン
7.植物性油オメガ3、オメガ9
8.プラズマローゲン
9.ジオスゲニン

今回は
ベータカロテン、ビタミンCと
ポリフェノールについてお伝えします。

2.ベータカロテン、ビタミンC

ベータカロテンやビタミンCは
主に、緑黄色野菜や果物に多く含まれる栄養素です。

その抗酸化作用によって活性酸素からの脳細胞の破壊を避け
免疫を増強する働きがあります。

主な食材は次のものです。

野菜:ほうれん草、春菊、小松菜、かぼちゃ、人参、ブロッコリー、にら
果物:柿、キウイフルーツ、いちご、はっさく、オレンジ、グレープフルーツ

緑黄色野菜に含まれているベータカロチンは
脂溶性ビタミンなので、脂質とともに摂取することで
吸収率がアップします。
例えば、ほうれん草を炒めるとか
人参は油揚げや豚肉などと一緒に調理すると
ベータカロテンの吸収が大きいのです。

水溶性のビタミンであるビタミンCは
体の中に貯められず体外に流れやすく
熱で壊れやすいため
調理によって失われやすい栄養素です。
生でいただくのが良いですね。
使う時は手早く調理しましょう。

3.ポリフェノール

ポリフェノールは赤ワインに
多く含まれていることで有名になりました。
ご存知の方も多いはずです。

ところが、赤ワインが体に良いからと飲み過ぎて
中性脂肪や肝機能の値が上がってしまった方も
たくさんいらっしゃいました。

適量が大切です。

赤ワイン以外にもたくさんの食材に含まれています。
多くの食材を適宜召し上がってくださいね。

ポリフェノールを多く含む野菜や果物を紹介します。

野菜:春菊、れんこん、ししとう、さつまいも、ブロッコリー
果物:バナナ、マンゴー、ブルーベリー、ぶどう、りんご
その他:赤ワイン、納豆、日本茶

4.終わりに

いかがでしたか?
写真のブルーベリーは鮮やかですね。
抗酸化力のある食材は色素を出すことで
自らの力で酸化を防いでいるパワフルな食材なのです!

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村