美ストレッチブログ

アスタキサンチンと食用油の分類を知り体に良い食材を選ぼう

踊る健康栄養士杉山ゆみです。
脳に良い栄養素
今日はアスタキサンチンと植物油オメガ3、オメガ9です。

美ストレッチ教室・脳が元気になる栄養・アスタキサンチン

1.血液サラサラの栄養素

全身の血液をサラサラにして
脳血管の血液もスムーズに流しましょう。

血流が良くなると言われる栄養素です。
1.DHA・EPA
2.ナットウキナーゼ
3.イソフラボン
4.ベータカロテン、ビタミンC
5.ポリフェノール
6.アスタキサンチン
7.植物性油オメガ3、オメガ9
8.プラズマローゲン
9.ジオスゲニン

今回は
アスタキサンチンと植物性油についてお伝えします。

2.アスタキサンチンの赤は海の藻

アスタキサンチンは鮭やエビ、カニなどの
赤い海産物に多く含まれる成分で
もともとはそれらの餌となる海藻類に
たっぷりと含まれています。

リコピンやβカロテン、ルテインなどと
同じ色素成分でカロテンの一種です。

体を錆びつかせてしまう活性酸素を取り除く
抗酸化作用があり、体の老化を防いだり
抗炎症作用、メタボの改善作用などでも知られています。

アスタキサンチンを多く含む海産物
桜エビ、紅鮭、いくら、甘エビ、金目鯛、毛ガニ、すじこ

3.油はこのように分類される

食用油には植物性油脂、動物性油脂、加工食品用油脂があります。

植物性油脂は、不飽和脂肪酸を主成分としたリノール酸やリノレン酸
動物性油脂には、牛脂(ヘット)、豚脂(ラード)などがあり
加工食品用油脂には、ショートニングやマーガリンなど
植物油に水素を添加して半固形状にしたものがあります。

また、魚に含まれる油
IPA(イコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)は
動脈硬化や血栓症を防ぐといわれます。

植物性油は大きく3つの種類に分かれます。

オメガ3(えごま油、アマ二油など)は
中性脂肪やコレステロール値を抑制し
血管をしなやかにして血流を改善する効果があります。
魚油IPAやDHAもここに含まれます。

オメガ9(オリーブ油、紅花油など)は
悪玉コレステロールを減らす効果があります。

そして、オメガ6(コーン油、綿実油、ごま油)は
多く摂りすぎるとアレルギーを悪化させるリスクがあると
考えられています。

オメガ3、オメガ9などの体に良いと言われる油を適量に摂りましょう。

植物性油は酸化しやすく、長期間の保存や
光、熱の影響を受けやすいのです。
劣化した油は口にしないよう注意しましょう。

4.終わりに

アスタキサンチン、植物精油についてのお話
いかがでしたか?

多種類の植物性油が出ています。
体に良いと言っても、油は高カロリー。
摂りすぎは避け、上手に利用してくださいね。

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村