アスタキサンチンと食用油の分類を知り体に良い食材を選ぼう

踊る健康栄養士杉山ゆみです。
脳に良い栄養素
今日はアスタキサンチンと植物油オメガ3、オメガ9です。

美ストレッチ教室・脳が元気になる栄養・アスタキサンチン

1.血液サラサラの栄養素

全身の血液をサラサラにして
脳血管の血液もスムーズに流しましょう。

血流が良くなると言われる栄養素です。
1.DHA・EPA
2.ナットウキナーゼ
3.イソフラボン
4.ベータカロテン、ビタミンC
5.ポリフェノール
6.アスタキサンチン
7.植物性油オメガ3、オメガ9
8.プラズマローゲン
9.ジオスゲニン

今回は
アスタキサンチンと植物性油についてお伝えします。

2.アスタキサンチンの赤は海の藻

アスタキサンチンは鮭やエビ、カニなどの
赤い海産物に多く含まれる成分で
もともとはそれらの餌となる海藻類に
たっぷりと含まれています。

リコピンやβカロテン、ルテインなどと
同じ色素成分でカロテンの一種です。

体を錆びつかせてしまう活性酸素を取り除く
抗酸化作用があり、体の老化を防いだり
抗炎症作用、メタボの改善作用などでも知られています。

アスタキサンチンを多く含む海産物
桜エビ、紅鮭、いくら、甘エビ、金目鯛、毛ガニ、すじこ

3.油はこのように分類される

食用油には植物性油脂、動物性油脂、加工食品用油脂があります。

植物性油脂は、不飽和脂肪酸を主成分としたリノール酸やリノレン酸
動物性油脂には、牛脂(ヘット)、豚脂(ラード)などがあり
加工食品用油脂には、ショートニングやマーガリンなど
植物油に水素を添加して半固形状にしたものがあります。

また、魚に含まれる油
IPA(イコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)は
動脈硬化や血栓症を防ぐといわれます。

植物性油は大きく3つの種類に分かれます。

オメガ3(えごま油、アマ二油など)は
中性脂肪やコレステロール値を抑制し
血管をしなやかにして血流を改善する効果があります。
魚油IPAやDHAもここに含まれます。

オメガ9(オリーブ油、紅花油など)は
悪玉コレステロールを減らす効果があります。

そして、オメガ6(コーン油、綿実油、ごま油)は
多く摂りすぎるとアレルギーを悪化させるリスクがあると
考えられています。

オメガ3、オメガ9などの体に良いと言われる油を適量に摂りましょう。

植物性油は酸化しやすく、長期間の保存や
光、熱の影響を受けやすいのです。
劣化した油は口にしないよう注意しましょう。

4.終わりに

アスタキサンチン、植物精油についてのお話
いかがでしたか?

多種類の植物性油が出ています。
体に良いと言っても、油は高カロリー。
摂りすぎは避け、上手に利用してくださいね。


いつもお読み頂きありがとうございます!
ランキングに参加しています。あなたのタップ&クリックがとても励みになります。

▼ ▼ ▼
にほんブログ村 健康ブログ 健康コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村

カテゴリー: 踊る健康栄養士・杉山ゆみの港区ストレッチ教室公式ブログ
タグ:, , , ,

- スポンサーリンク -

宜しければシェアして下さい!



- スポンサーリンク -

関連記事一覧

首の周り、後頭骨の緊張をほぐすセルフケア
首の周り、後頭骨の緊張をほぐすセルフケア

肩コリのある方は、首もこっているはず 首の周りってほぐれにくいですね。 1.首の骨の横に指をあてる 写真のように 頭の後ろに手を置き 首の骨の横に 指先を当てます。 指先をクルクル回したり 軽く押したり 首から肩まで 行 …

冷えやコリを解消!むくんだふくらはぎをねじってほぐす
冷えやコリを解消!むくんだふくらはぎをねじってほぐす

むくみや冷えで 滞りがあるふくらはぎ。 効果的にほぐして スッキリと軽い脚を目指しましょう。 1.硬く、むくんだふくらはぎ むくみ、脂肪、セルライト。 ふくらはぎのむくみは 老廃物がたまって筋肉が凝り固まっています。 足 …

85歳の足が元気になる!足を後に、そけい部とつま先伸ばし
85歳の足が元気になる!足を後に、そけい部とつま先伸ばし

この後ろ姿の女性は85歳です。   1.足を後に出して、つま先まで伸ばす 後に出した足の甲を下にして 綺麗につま先まで伸ばすのは 結構大変です。 膝が曲がってしまったり かかとが外に向いてしまったりして スッと …

まずは何kg?目標体重を把握!計算してコントロールしよう
まずは何kg?目標体重を把握!計算してコントロールしよう

あなたの現体重は、あなたの身体にちょうど良い体重ですか? 1.BMI ボディマスインデックス 健診の時に体重を測ると あなたの身長と体重から BMIを計算したものが 手元に戻るはずです。 あなたのBMIをご存知ですか? …

開脚は足首を曲げて骨盤を動かす
開脚は足首を曲げて骨盤を動かす

開脚は足の先まで意識して、足首を曲げる所までがんばってみましょう。 足全体が固定され 本当に動かしたい骨盤の周りが動いてきます。 大きく開かなくても良いのです。 大切なのは付け根が動くこと。 足のつけ根が動くことで 骨盤 …

手が付くようになった!柔軟になった体を実感しよう
手が付くようになった!柔軟になった体を実感しよう

体が前より柔らかくなって できなかった動きができるようになる。 本当に嬉しいですね! 1.前屈がキツイ 柔軟性は 突然に身に付くのではなく 順を追って 柔らかくなっていきます。 体を曲げることが きつい方は 仰向けでひざ …

自宅で簡単美脚!たったの3分であなたも美脚になれる!!
自宅で簡単美脚!たったの3分であなたも美脚になれる!!

こんばんは。踊る健康栄養士の杉山ゆみです。 今日は「そけい部」についてお話します。 1.そけい部は美脚の重要ポイント 「そけい部」 ここは下半身のリンパの流れを良くする大事な部分です。 そっと触れてみましょう。 触ってゴ …

男性でも綺麗に足が伸ばせるようになる!骨盤が整う開脚法
男性でも綺麗に足が伸ばせるようになる!骨盤が整う開脚法

開脚が綺麗です! 1.骨盤の男女差 この男性は 初めからこんなに 開いたわけではなく 体が倒せたわけもありません。 最初は硬くて ストレッチの度に 背中が丸まってしまいました。 骨盤の周りは 普段あまり動かすことがありま …

冷え性、低体温は危険!今日から使える身近な温め食材
冷え性、低体温は危険!今日から使える身近な温め食材

こんばんは。踊る健康栄養士杉山ゆみです。 今日は、冷え性の方のために体を温める食材のお話です。 1.低体温 私たちの体温は36.5度程度です。最近は低体温の女性が増え、35度台の方も多いようです。 体温が下がることで体内 …

0脚や、太ももの外側の張りを改善し形良いヒップにする
0脚や、太ももの外側の張りを改善し形良いヒップにする

0脚になったり 太ももの外側が張り出してくると ヒップも 横に広がりやすいのです。 1.ヒップに触れて あなたのヒップの 内側の方を指先で触れ かかとを外に開いてみましょう。 内股になったような 足の形にします。 指先で …


- スポンサーリンク -