こんなに軽い足になるの!第2の心臓ふくらはぎほぐし

足が重たい、だるい方、ふくらはぎほぐしはお勧めです!

美ストレッチ教室・ふくらはぎほぐし

1.第2の心臓と言われるわけ

心臓から送り出された血液は
循環して再び心臓へと戻ってきます。

押し出された血液は大動脈、毛細血管
そして静脈へと流れていきます。

上半身からの大量の血液が下肢に流れ
心臓に戻る時に大きな筋肉、ふくらはぎが動くことで
足にたまった血流を勢いよく上半身に戻します。

心臓のように血の巡りをよくする
ということで第2の心臓と呼ばれています。

2.ポンプの役目

押し出された血液が戻されるとき
通り道となる静脈から心臓までの戻り道が
いかにスムーズであるかが重要です。

これを助けるのが血管周囲の筋肉です。

キュッキュッと収縮して
ポンプの役割を果たしています。

特に下半身は重力に逆らって登らなくてはなりません。
そのためふくらはぎの筋肉の役割はとても大きいのです。

ふくらはぎが正常に血流ポンプの役目を果たすと
全身の血流の流れがスムーズになります。

女性にみられる冷え性やむくみは
下肢、特にふくらはぎにたまった血液の
戻りが悪くなっている状態であることが多いのです。

3.ふくらはぎをほぐそう

正常なポンプの働きをするために
ふくらはぎのむくみや緊張を放っておいてはいけません。

優しくマッサージして筋肉をほぐしましょう。

以下の1~3を繰り返しましょう。
ふくらはぎだけではなく、周囲全体もほぐします。

1.アキレス腱の部分から始まり、膝まで左右とも
2.外くるぶしの部分から始まり、すねを通って膝横まで
3.両手の指でふくらはぎを潰すように移動して膝の後ろまで

寝る前のリラックスタイムや、温まって血行が良くなっている入浴時がお勧めです。

4.おわりに

いかがでしたか?

ふくらはぎをほぐすと驚くほど足が楽になります。
鉛のように重たかった足が軽くて軽くて
踊ってみたり、颯爽と歩いてみたくなります。

あなたもぜひお試しくださいね。
フーッと吐きながら優しく緊張をほぐしましょう。

 

 

 


いつもお読み頂きありがとうございます!
ランキングに参加しています。あなたのタップ&クリックがとても励みになります。

▼ ▼ ▼
にほんブログ村 健康ブログ 健康コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村

カテゴリー: 踊る健康栄養士・杉山ゆみの港区ストレッチ教室公式ブログ
タグ:, , , ,

- スポンサーリンク -

宜しければシェアして下さい!



- スポンサーリンク -

関連記事一覧

その姿勢で大丈夫?明日からあなたも楽ちんデスクワーク!
その姿勢で大丈夫?明日からあなたも楽ちんデスクワーク!

こんばんは。踊る健康栄養士の杉山ゆみです。 デスクワークが続くと、肩や首がコリコリ、腰も硬くなりますね。 辛くなる前に、こんなことに気を付けましょう!   1.あなたのカラダは疲労でいっぱいになっていませんか …

肩が入り込んでいませんか?すぐにほぐせる肩こり解消ポイント
肩が入り込んでいませんか?すぐにほぐせる肩こり解消ポイント

肩の内側の、この辺り 痛くないですか? 1.奥の筋肉 胸の周りには 「大胸筋(だいきょうきん)」という 大きな筋肉があります。 ここを動かしておくと バストアップの効果があります。 大胸筋のもっと奥に 「小胸筋(しょうき …

あら?足の形が変わった!60代でもO脚は改善される
あら?足の形が変わった!60代でもO脚は改善される

O脚で悩んでいらっしゃる女性はとても多いです。 あきらめないでくださいね。 1.徐々に増えてきた体重 60代の女性 20代の頃はスリムで 素敵な洋服を着こなし おしゃれを楽しんでいました。 結婚して子どもが二人 一人生ま …

頭が疲れたらここをほぐそう!
頭が疲れたらここをほぐそう!

頭も使いすぎると 硬く緊張してきます。   お仕事で使うだけでなく   多くのことを考え過ぎる タイプの人や   カーッとなって 頭に血がのぼりやすい人もです。   頭た重く感じたり 目がショボショボしますね。   こめ …

「毛皮を脱いだように軽い!」背中が変わり人生変わった50代
「毛皮を脱いだように軽い!」背中が変わり人生変わった50代

こんばんは。踊る健康栄養士の杉山ゆみです。 今回は、後ろ姿がスッキリ綺麗になった、50代終わりの女性のお話です。 1.首と肩の後側にたまるぜい肉 肩や首の後って、自分ではあまり意識をしない部分ですね。 たとえ、コリやぜい …

体の重心を、今より後にするだけで10歳若返る!
体の重心を、今より後にするだけで10歳若返る!

こんばんは。踊る健康栄養士の杉山ゆみです。 今回は、20代の女性がハッと気づいた、姿勢と体の重心についてお伝えします。     1.姿勢が悪いってどういうこと? 20代後半の、笑顔が似合うこの女性 職 …

内臓脂肪のメタボと運動器のロコモ
内臓脂肪のメタボと運動器のロコモ

メタボリックシンドロームは皆さまもご存知かと思います。 ロコモティブシンドロームは耳にしたことがありますか。 健康長寿にはメタボとロコモを改善させることが大切です。 11月のレッスン情報 1.メタボとロコモ メタボリック …

骨盤はゆがんでいない?ひざを抱えて左右差を確かめよう
骨盤はゆがんでいない?ひざを抱えて左右差を確かめよう

腰が痛い、重たい、足がむくむ、しびれる、背中が硬い、骨盤に左右差がある。 そのようなお悩みの方にお勧めの動きです。 仰向けでひざを立て、ゆっくりと胸に近づけていきましょう。 たったこれだけのストレッチですが ① 体が硬い …

増刷が決定しました!
増刷が決定しました!

今朝の朝日新聞に広告が出ました。 6月からは全国各地の生協さんで 本を紹介してくださると伺い 大変お世話になった出版社の方々に 心から感謝申し上げます。 お陰様でこちらのホームページから お問い合わせやレッスン依頼 執筆 …

内臓下垂、尿もれには美のインナーマッスル骨盤底筋を締める!
内臓下垂、尿もれには美のインナーマッスル骨盤底筋を締める!

骨盤底筋(こつばんていきん) 耳慣れない言葉ですが 女性の悩みで多い 内臓下垂や尿もれを予防する 大切な筋肉群です。 1.太ももの内側 写真のように ひざや、内くるぶしを近づけて 足を交互に伸ばしましょう。 両足の太もも …


- スポンサーリンク -