こんなに軽い足になるの!第2の心臓ふくらはぎほぐし

足が重たい、だるい方、ふくらはぎほぐしはお勧めです!

美ストレッチ教室・ふくらはぎほぐし

1.第2の心臓と言われるわけ

心臓から送り出された血液は
循環して再び心臓へと戻ってきます。

押し出された血液は大動脈、毛細血管
そして静脈へと流れていきます。

上半身からの大量の血液が下肢に流れ
心臓に戻る時に大きな筋肉、ふくらはぎが動くことで
足にたまった血流を勢いよく上半身に戻します。

心臓のように血の巡りをよくする
ということで第2の心臓と呼ばれています。

2.ポンプの役目

押し出された血液が戻されるとき
通り道となる静脈から心臓までの戻り道が
いかにスムーズであるかが重要です。

これを助けるのが血管周囲の筋肉です。

キュッキュッと収縮して
ポンプの役割を果たしています。

特に下半身は重力に逆らって登らなくてはなりません。
そのためふくらはぎの筋肉の役割はとても大きいのです。

ふくらはぎが正常に血流ポンプの役目を果たすと
全身の血流の流れがスムーズになります。

女性にみられる冷え性やむくみは
下肢、特にふくらはぎにたまった血液の
戻りが悪くなっている状態であることが多いのです。

3.ふくらはぎをほぐそう

正常なポンプの働きをするために
ふくらはぎのむくみや緊張を放っておいてはいけません。

優しくマッサージして筋肉をほぐしましょう。

以下の1~3を繰り返しましょう。
ふくらはぎだけではなく、周囲全体もほぐします。

1.アキレス腱の部分から始まり、膝まで左右とも
2.外くるぶしの部分から始まり、すねを通って膝横まで
3.両手の指でふくらはぎを潰すように移動して膝の後ろまで

寝る前のリラックスタイムや、温まって血行が良くなっている入浴時がお勧めです。

4.おわりに

いかがでしたか?

ふくらはぎをほぐすと驚くほど足が楽になります。
鉛のように重たかった足が軽くて軽くて
踊ってみたり、颯爽と歩いてみたくなります。

あなたもぜひお試しくださいね。
フーッと吐きながら優しく緊張をほぐしましょう。

 

 

 


いつもお読み頂きありがとうございます!
ランキングに参加しています。あなたのタップ&クリックがとても励みになります。

▼ ▼ ▼
にほんブログ村 健康ブログ 健康コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村

カテゴリー: 踊る健康栄養士・杉山ゆみの港区ストレッチ教室公式ブログ
タグ:, , , ,

- スポンサーリンク -

宜しければシェアして下さい!



- スポンサーリンク -

関連記事一覧

整体を終えたような心地よさ、体は自分で改善ができる!
整体を終えたような心地よさ、体は自分で改善ができる!

毎週レッスンにご参加くださる方から ご感想をいただきました。 1.疲労で下半身が滞る 若い頃は 少し疲れても無理をしても すぐに元気になったのに 年齢と共に 疲れがたまると 体が重く 何となく調子が良くない 不快感が続き …

股関節をゆるめて体がリラックスするポーズ
股関節をゆるめて体がリラックスするポーズ

暑い毎日、オフィスやお店は冷房が効き過ぎの所もあるのでは。冷えた体は、熱を逃がさないようにキューっと縮まります。 特に、デスクワークが多いと股関節が固まりやすいのです。ストレッチでゆるめてあげましょう。 緊張がほぐれる …

姿勢は大丈夫?薄着になる季節、あなたの背中は見られている
姿勢は大丈夫?薄着になる季節、あなたの背中は見られている

新緑の候、気持ちがいいですね。 上着がいらなくなる季節です。 上着を脱いだ時の背中。 スッキリと伸びていますか? 1.背中が目立ち始める初夏 パソコンやスマホを使う時間が長かったり 前かがみになるお仕事の方は 背中が丸く …

簡単!心地よい!継続できないストレッチを続けるには
簡単!心地よい!継続できないストレッチを続けるには

継続してこそ効果が感じられるストレッチですが 「続けるのが大変!」 という方のためにこんな方法はいかがでしょう。 1.体にいいのはわかっているけど続かない 「ストレッチは気持ちがいいけど続かない」 「ストレッチなんて痛く …

二の腕、腕のつけ根をスッキリさせるセルフケア
二の腕、腕のつけ根をスッキリさせるセルフケア

腕を横に伸ばしたり上げたりする動きを、一日何度していますか。 1.付け根から動かす 腕は付け根を伸ばさないと 体の中の筋肉が動きません。 付け根を動かすと 肩甲骨が動いて 体の中心(胴体) までが使われて 背中が伸びたり …

内臓下垂、尿もれには美のインナーマッスル骨盤底筋を締める!
内臓下垂、尿もれには美のインナーマッスル骨盤底筋を締める!

骨盤底筋(こつばんていきん) 耳慣れない言葉ですが 女性の悩みで多い 内臓下垂や尿もれを予防する 大切な筋肉群です。 1.太ももの内側 写真のように ひざや、内くるぶしを近づけて 足を交互に伸ばしましょう。 両足の太もも …

いつも身体が自然に動いてほぐしています!78歳女性
いつも身体が自然に動いてほぐしています!78歳女性

1か月ぶりにレッスンにいらっしゃったこの女性 1.体調を崩して寝ていました 高齢になって具合が悪くなると 回復力は若い頃に比べて低下します。 年齢と共に免疫の力が落ちてくるからです。 横になる時間が長くなると 筋肉が硬く …

片足バランス!一日一回このポーズでキュッとしまってくる
片足バランス!一日一回このポーズでキュッとしまってくる

膝を高く上げて片足立ちになってみましょう。     1.片足立ちは体の左右バランスを整える 写真の女性はトウシューズを履いていますが あなたはもちろん、そのままで構いません。 靴下でも、裸足でも。 「 …

77歳とは思えない!背中を意識するだけでマイナス30歳!?
77歳とは思えない!背中を意識するだけでマイナス30歳!?

こんばんは。踊る健康栄養士の杉山ゆみです。 今日は77歳の素敵な女性のご紹介です! 1.姿勢で見た目が変わる 年齢と共に老人体型になってくる人と、そうではない人。年齢が増すほどその違いは大きくなります。 年齢以上にふけて …

重い体、冷え、むくみ、骨盤のゆがみを整えるだけで楽になる
重い体、冷え、むくみ、骨盤のゆがみを整えるだけで楽になる

こんばんは。踊る健康栄養士の杉山ゆみです。 今回は、骨盤のゆがみについてお話します。 1.あなたの骨盤、ゆがんでいませんか? 骨盤の周りの筋肉は、大人になるにつれて硬く固まってきます。 小さな頃は動き回って自然にほぐれて …


- スポンサーリンク -