いつも身体が自然に動いてほぐしています!78歳女性

1か月ぶりにレッスンにいらっしゃったこの女性

美ストレッチ教室・姿勢・70代

1.体調を崩して寝ていました

高齢になって具合が悪くなると
回復力は若い頃に比べて低下します。

年齢と共に免疫の力が落ちてくるからです。

横になる時間が長くなると
筋肉が硬くなり
骨量も減ってきます。

1か月間振りにレッスンにいらして

どれだけ硬くなってしまったのか
と心配していましたが

その必要はありませんでした。

いつも通りに柔軟な
美しい動きを魅せてくれました。

2.ロコモティブシンドローム(運動器症候群)

メタボリックシンドロームは

心臓や脳血管などの「内臓」の病気
が原因で起こります。

それに対して

ロコモティブシンドロームは

骨や関節・筋肉などの「運動器」の衰え
が原因で起こります。

運動器とは身体運動に関わる
骨、筋肉、関節、椎間板などの総称です。

「立つ」「歩く」といった機能が低下し
暮らしの中の自立度に支障が生じてきます。

寿命が延びて
長生きするようになった私たちは

運動器を長持ちさせ
ロコモを予防していくことが必要です。

特に
高齢になって体調を崩すと

そこから寝たきりにつながる
大きな要因となってしまいます。

3.ストレッチが身に付いていた

写真の78歳の女性は

長年ストレッチをおこなっていたので

起き上がれなくても
体を動かすことが身に付いていました。

横になったままでも
できる動きはたくさんあります。

彼女も
足首を回し
足の上げ下ろしをしたり
ひざを立てて倒す
頭の上に腕をのばす
上げた腕を左右に揺らす

など

気が付くと
体を動かしていたそうです。

4.終わりに

毎日の習慣というのは

意識しなくてもやっている
というところまで
身に付いています。

あなたも何か一つ
ストレッチを続けてみませんか。

一つが続くと
次々と伸ばしたくなります。

背中を伸ばして
ずっと素敵でいてくださいね。


いつもお読み頂きありがとうございます!
ランキングに参加しています。あなたのタップ&クリックがとても励みになります。

▼ ▼ ▼
にほんブログ村 健康ブログ 健康コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村

カテゴリー: 踊る健康栄養士・杉山ゆみの港区ストレッチ教室公式ブログ
タグ:, , , ,

- スポンサーリンク -

宜しければシェアして下さい!



- スポンサーリンク -

関連記事一覧

辛い首や肩のコリは、いつもの姿勢や体の癖に原因があるかも
辛い首や肩のコリは、いつもの姿勢や体の癖に原因があるかも

スマホをこんな姿勢で 見ていませんか 1.左の腕がしびれてきた 30代初めの女性は ここ最近 首の左側のコリが続いていました。 仕事が忙しいこともあり 日々のストレッチを怠っていて コリが残ったまま 眠りについてしまいま …

誰にでも備わっているあなたを守ってくれる体の免疫力
誰にでも備わっているあなたを守ってくれる体の免疫力

先日、北里大学名誉教授の大槻健蔵先生のお話を伺いました。 とても役立つお話でしたので先生の了解を得て、その一部を皆さまにシェアしますね。 1.免疫 ヒトには 自己でないものを 攻撃するシステムが備わっています。 体の表面 …

簡単!重い腰がラクラク軽くなる!膝かかえのストレッチ
簡単!重い腰がラクラク軽くなる!膝かかえのストレッチ

腰が痛い、重たい 腰から足がしびれる 腰のトラブルは辛いです。 1.定期的な運動をしているのに腰痛 今日は40代のスリムな女性のお話です。 彼女は趣味でラテン系のダンスを習っています。 全身を動かすので適度に汗をかき 体 …

開脚は足首を曲げて骨盤を動かす
開脚は足首を曲げて骨盤を動かす

開脚は足の先まで意識して、足首を曲げる所までがんばってみましょう。 足全体が固定され 本当に動かしたい骨盤の周りが動いてきます。 大きく開かなくても良いのです。 大切なのは付け根が動くこと。 足のつけ根が動くことで 骨盤 …

77歳とは思えない!背中を意識するだけでマイナス30歳!?
77歳とは思えない!背中を意識するだけでマイナス30歳!?

こんばんは。踊る健康栄養士の杉山ゆみです。 今日は77歳の素敵な女性のご紹介です! 1.姿勢で見た目が変わる 年齢と共に老人体型になってくる人と、そうではない人。年齢が増すほどその違いは大きくなります。 年齢以上にふけて …

二の腕、腕のつけ根をスッキリさせるセルフケア
二の腕、腕のつけ根をスッキリさせるセルフケア

腕を横に伸ばしたり上げたりする動きを、一日何度していますか。 1.付け根から動かす 腕は付け根を伸ばさないと 体の中の筋肉が動きません。 付け根を動かすと 肩甲骨が動いて 体の中心(胴体) までが使われて 背中が伸びたり …

内臓脂肪のメタボと運動器のロコモ
内臓脂肪のメタボと運動器のロコモ

メタボリックシンドロームは皆さまもご存知かと思います。 ロコモティブシンドロームは耳にしたことがありますか。 健康長寿にはメタボとロコモを改善させることが大切です。 11月のレッスン情報 1.メタボとロコモ メタボリック …

胸を落とさずに歩くと姿勢が良くなる
胸を落とさずに歩くと姿勢が良くなる

姿勢の悪さが気になる方 背中の丸い方 姿勢を良くしようと 胸を張り過ぎると緊張して 首や肩がこってしまいます。 腹筋を使って 胸の位置を上げるようにして 体を伸ばしましょう。 体が整うと 歩き方が綺麗になります。 歩き方 …

固まった骨盤をうつ伏せでほぐす!股関節ストレッチ
固まった骨盤をうつ伏せでほぐす!股関節ストレッチ

股関節が硬い方は無理をせず 少しずつ開いていってください。 1.股関節は柔軟ですか あなたの股関節は 柔軟ですか? 写真の形になった時 心地よく膝が開きますか? 日常の生活の中で いつの間にか 硬く固まってしまうと そけ …

内臓下垂、尿もれには美のインナーマッスル骨盤底筋を締める!
内臓下垂、尿もれには美のインナーマッスル骨盤底筋を締める!

骨盤底筋(こつばんていきん) 耳慣れない言葉ですが 女性の悩みで多い 内臓下垂や尿もれを予防する 大切な筋肉群です。 1.太ももの内側 写真のように ひざや、内くるぶしを近づけて 足を交互に伸ばしましょう。 両足の太もも …


- スポンサーリンク -