太る痩せるの仕組みを知る!心で感じて食べることを意識する

美味しく食べて、元気に動く。
健康な体は大きな体重変動がありません。

美ストレッチ教室・太る痩せるの仕組みを知る

1.太る・痩せるのしくみを知る

 

太る・やせるは、体がむくんでいたり、
疲労が大きかったり、ホルモンバランスの崩れ、
栄養を吸収しにくい体質、体の緊張状態などによって
個人差があります。

しかし、筋肉を動かしてカロリーを消費すればやせる
食事からカロリーを摂取すれば太る
という基本はしっかり頭に入れておくことが大切です。

私達は毎日のカロリーを

基礎代謝(何もしなくても消費されるカロリー)と
身体活動によるカロリー消費

の2つの要素で消費しています。

毎日消費するカロリーが
摂取(食べる)カロリーより大きければ痩せて
少なければ太ると言うことです。

2.減量の目安

1kg体重を減らすために
何キロカロリーの消費が必要だと思いますか?

なんと
7000kcalなのです!

毎日、毎日
消費しきれないカロリーが
体に溜まって
7000kcalになると
1kg増えるようになっています。

例えば、コンビニで
300kcalの菓子パンやスイーツを

毎日食べて消費しきれなかったら
1ヶ月もしないうちに1kg増加します

なるほど~!!
って思いませんか?

3.リバウンドしない数値

痩せるには、このカロリーを
毎日の摂取するカロリーから少しずつ減らします。

減量の目安は
一ヶ月に現体重の5%までが
リバウンドを起こさない数値だと言われています。

60kgの方は一ヶ月に3kgまでの減量です。

多くの方がすぐに大きく減量を望みますが
徐々に増えてきた体重はゆっくり確実に減らすのがお勧めです。

そして、減量中は筋肉も減ってしまいますので
良質のたんぱく質を摂ることを忘れないでくださいね。

食事は食べることに意識を向けて

「美味しいな」
「綺麗だな」
「いい香り」

など、心で感じていただきましょう。

気持ちがこもる食事は
あなたの身体を健康にしてくれます。

美味しく食べて
綺麗に適正な体重をキープしましょう。

4.終わりに

体重は目安に過ぎませんが
大きな変動を感じたら
あなたの生活を見直すチャンスですよ!

 


いつもお読み頂きありがとうございます!
ランキングに参加しています。あなたのタップ&クリックがとても励みになります。

▼ ▼ ▼
にほんブログ村 健康ブログ 健康コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村

カテゴリー: 踊る健康栄養士・杉山ゆみの港区ストレッチ教室公式ブログ
タグ:, , , ,

- スポンサーリンク -

宜しければシェアして下さい!



- スポンサーリンク -

関連記事一覧

本日18時からのFMおだわらに出演します!
本日18時からのFMおだわらに出演します!

印南 敦史さん、宮本 ゆみ子さん、今日はよろしくお願いします(^O^)/電波の届かない方はスマホやパソコンからも聞けますよ~☆   番組名:印南敦史のキキミミ図書館 放送日:4/30(日)18:00〜19:00 《再放送 …

後姿は見られている!見えない背中をもっと伸ばそう
後姿は見られている!見えない背中をもっと伸ばそう

サルサダンスグループ 「エスプーマ」の皆さま レッスンをお受けくださりありがとうございました。 自分で見えない後側は 他人に見られる所です。   あなたの背中を いつも感じていてくださいね。   ヒップと頭は 真っすぐ …

足の内側をピタリとつけ骨盤底筋を鍛える!尿漏れのお悩みに
足の内側をピタリとつけ骨盤底筋を鍛える!尿漏れのお悩みに

出産や加齢、骨盤のゆるみによって 締める力が弱くなる骨盤底筋。 尿漏れや頻尿は 高齢者だけの問題ではありません。 このようなエクササイズがお勧めです。 仰向けでお腹をへこませ 腰をしっかり床に近づけて 片足ずつ足を上げて …

歩きで体型が変わる!綺麗な歩き方をしていますか?
歩きで体型が変わる!綺麗な歩き方をしていますか?

不意なできごとで足を骨折してしまうことがあります。 道端でつまずいたり お風呂場で足を滑らせたり・・・ 柔軟な体と、綺麗な歩き方を心がけると それだけでも予防になりますよ。 1.歩きを意識する あなたはご自分が どんな風 …

そけい部が硬いと骨盤を立てるのが辛い
そけい部が硬いと骨盤を立てるのが辛い

腕を真っすぐに伸ばすって、結構キツイのです。腕の周りや肩が硬いと、腕が伸びきらず前に落ちてしまいますし、腰が硬いと、背中が伸びないので腕が上がりきらないのです。 体は土台の骨盤から 目をつぶって、あなたの背中を下から上に …

腕の付け根は硬くない?つらい首肩こりの解消に!
腕の付け根は硬くない?つらい首肩こりの解消に!

50代の女性 休日にのんびりと読書三昧。 じっとして本を読み過ぎ 体が悲鳴をあげてしまいました。 1.夢中になって読書した結果 首、肩のコリがひどくなり 頭痛がするほど辛くなりました。 何をどうしたら良いのやら 分からな …

頭が疲れたらここをほぐそう!
頭が疲れたらここをほぐそう!

頭も使いすぎると 硬く緊張してきます。   お仕事で使うだけでなく   多くのことを考え過ぎる タイプの人や   カーッとなって 頭に血がのぼりやすい人もです。   頭た重く感じたり 目がショボショボしますね。   こめ …

姿勢は大丈夫?薄着になる季節、あなたの背中は見られている
姿勢は大丈夫?薄着になる季節、あなたの背中は見られている

新緑の候、気持ちがいいですね。 上着がいらなくなる季節です。 上着を脱いだ時の背中。 スッキリと伸びていますか? 1.背中が目立ち始める初夏 パソコンやスマホを使う時間が長かったり 前かがみになるお仕事の方は 背中が丸く …

コリがたまる体の後側は、背中伸ばしのストレッチが効果的
コリがたまる体の後側は、背中伸ばしのストレッチが効果的

日々の体への意識、小さなことの繰り返しが習慣になり体を変えていきます。 不健康な毎日の習慣が積み重なることで、病気を招いてしまう「生活習慣病」という病があるように、同じことを繰り返していくと人間はそれをやめられなくなるよ …

仰向けで寝ると、背中が当たって痛くて辛かった痛みが消えた
仰向けで寝ると、背中が当たって痛くて辛かった痛みが消えた

こちらの女性は60代の終わり。 一年間の変化です。 1.腕が上がらなかった 左の写真は最初の頃 右は一年後。 スッキリしていますね。 肩が落ちて腕も長くなっています。 左の写真の背中の上部は 盛り上がって 首が短く 硬く …


- スポンサーリンク -