美ストレッチブログ

ヘルニアの痛みに悩まされた50代男性、こんなに改善された

20代の初めにヘルニアの手術をした男性。 
術後も腰痛が消えたわけではありませんでした。

美ストレッチ教室・ヘルニア・腰痛改善

1.常に腰が痛い

51歳の男性は
腰痛のない人生が考えられないほど
いつも腰の痛みと背中合わせでした。

13歳の時
体育の授業で背面高跳びをして
マットの上でなく

コンクリートに背中から落ちてしまい
一年間体育ができなくなりました。

じっと、動かなかった体は
徐々に固まり

間もなく腰痛となって
痛み出しました。

2.椎間板ヘルニア

痛い → 動けない → 筋肉が硬くなる → 痛みが広がる → 動けない

こんな悪循環を繰り返していました。

多感な高校時代も
クラブ活動ができず
常に腰の痛みとの闘いでした。

社会人になって
デスクワークが続くと

痛みは我慢ができないほど
悪化してきました。

しまいには

小さな段差でもつまずく
壁に足をぶつける
手に持った荷物が崩れ落ちる

自分の意思と関係なく
体が勝手に動き
いうことをきかなくなりました。

そして、ついに
腰の痛みで起き上がれなくなり

腰椎椎間板ヘルニアと診断され
23歳の時に手術を受けました。

3.こうすると痛みが増すことがわかってきた

手術を受けた後も
完全に痛みが消えたわけではありません。

でも、こうすると痛みが増す
ということが少しずつわかってきました。

長時間の同じ姿勢
疲労
寝不足
冷え

これらは
腰痛悪化の原因になってしまいます。

そして、こうしたら腰が楽になる
という動きも徐々に身につけていきました。

自分なりの方法で
腰や背中を伸ばすストレッチと
腹筋、背筋を鍛える動きを
毎朝おこなうようになりました。

あんなに続いていた痛みが
少しずつ軽減されて
体が楽になってきました。

今は、毎朝のウォーキングを続け
定期的なゴルフを楽しんでいます。

4.終わりに

腰痛は
腰の周りの筋肉を伸ばすだけでなく

肩甲骨、骨盤、太ももの後側
この辺りもストレッチをすると
楽になってきます。

腹筋、背筋を付けることも大切。
腰を守ってくれます。

ご覧くださっている皆さまの中にも
腰痛に悩まされている方が
いらっしゃるのではないでしょうか。

痛みが強く炎症を起こしている場合は
安静が第一ですが

そうでなければ、ゆっくりと
筋肉を伸ばし、ねじり、回し

固まった部分をほぐすことを
お勧めします。

彼は今、とても腰の状態が良く
快適だそうです。

毎日腰の痛みを抱えていた
その辛さがなくなり

痛みは月に一度となり

3か月に一度
半年に一度となって

今年は一年間
痛みなしで過ごすことを
目標にしています。

体に気持ちを向けてあげることは
自分を大切にすること。

嬉しいご縁をいただき
ストレッチに通ってくださり
笑顔の時間をご一緒しています。

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村