骨盤の周りや股関節の緊張をゆるめる気持ちの良いポーズ

腕を上げて力を抜き
じんわりとゆるむ心地よさを味わいます。

美ストレッチ教室・股関節をゆるめる

片ひざを立てて
ストンと開くだけのストレッチです。

できる方は
写真のように足の先を
反対側の太ももの上に乗せます。

キツイ方は
足の先をストンを
下に落として構いません。

股関節からそけい部
ひざの内側がゆるんで

お腹や胃の辺りまで
あったかくなります。

腕を上げてひじを曲げ

全身の力が抜けていく
心地よさを味わいましょう。

反対側もおこないます。

股関節がゆるむと
じんわりと体の力が抜け

ゆっくり深~い呼吸が繰り返されて
全身がリラックスしてきますよ


いつもお読み頂きありがとうございます!
ランキングに参加しています。あなたのタップ&クリックがとても励みになります。

▼ ▼ ▼
にほんブログ村 健康ブログ 健康コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村

カテゴリー: 踊る健康栄養士・杉山ゆみの港区ストレッチ教室公式ブログ
タグ:, , , ,

- スポンサーリンク -

宜しければシェアして下さい!



- スポンサーリンク -

関連記事一覧

立ち姿が綺麗になるにはこの練習!片足立ちで文字を書く
立ち姿が綺麗になるにはこの練習!片足立ちで文字を書く

ダンサーの体は美しいですね。 体を支えるためのバランスをとる筋力が 力強くしなやかです。 バレリーナの肉体とは言いませんが あなたも片足立ちになる 練習をしてみませんか? バランスをとりながら ゆがみの解消になります。 …

あなたの股関節は硬くない?優しくほぐして軽くなる!
あなたの股関節は硬くない?優しくほぐして軽くなる!

股関節ほぐしは、優しく柔らか~く! 1.骨盤の周り 体の中心の骨盤は お腹をキュッとしめ 腹筋をつかっていますが 全身を硬くするほど 力は入りません。 中心の一点に しっかり意識をおき リラックスしている感覚です。 骨盤 …

どの位老化した?年代ごとの体型変化からあなたの老いを知る
どの位老化した?年代ごとの体型変化からあなたの老いを知る

 あなたの体は若い頃に比べて どの位衰えているのでしょうか。 1.老いは体型の変化からやってくる 私たちは、生まれてから死ぬまで 老いに向かって歩んでいます。 しかし、個人差は大きく ある年齢を境に非常に顕著になるのです …

ポッコリお腹!30代からのお腹周りはこうして変化してくる
ポッコリお腹!30代からのお腹周りはこうして変化してくる

あなたのお腹、ゆるんできていませんか? 30代からのお腹周りはこのように変化します。 1.やっぱりお腹がポッコリしてくる 20代の頃はウエストがキュッと締り かっこよく腹筋の筋肉が見えていた方も 放っておくと体型は変化し …

開脚は足首を曲げて骨盤を動かす
開脚は足首を曲げて骨盤を動かす

開脚は足の先まで意識して、足首を曲げる所までがんばってみましょう。 足全体が固定され 本当に動かしたい骨盤の周りが動いてきます。 大きく開かなくても良いのです。 大切なのは付け根が動くこと。 足のつけ根が動くことで 骨盤 …

ゴム印のプレゼント
ゴム印のプレゼント

「美ストレッチ杉山ゆみ」のゴム印 プレゼントしていただき とっても嬉しいです。 いろんな所に ペタペタ押して楽しんでいます。 ありがとうございました♬

85歳の足が元気になる!足を後に、そけい部とつま先伸ばし
85歳の足が元気になる!足を後に、そけい部とつま先伸ばし

この後ろ姿の女性は85歳です。   1.足を後に出して、つま先まで伸ばす 後に出した足の甲を下にして 綺麗につま先まで伸ばすのは 結構大変です。 膝が曲がってしまったり かかとが外に向いてしまったりして スッと …

アスタキサンチンと食用油の分類を知り体に良い食材を選ぼう
アスタキサンチンと食用油の分類を知り体に良い食材を選ぼう

踊る健康栄養士杉山ゆみです。 脳に良い栄養素 今日はアスタキサンチンと植物油オメガ3、オメガ9です。 1.血液サラサラの栄養素 全身の血液をサラサラにして 脳血管の血液もスムーズに流しましょう。 血流が良くなると言われる …

足のつけ根が硬い方、足が冷える方にお勧めです!
足のつけ根が硬い方、足が冷える方にお勧めです!

胴体と足をつなぐ そけい部が固まっていませんか?   片足を一方の 足に乗せて深く組み ゆっくりゴロゴロ動かしましょう。 スムーズに動かない部分が あなたの固まっている所です。 硬くて痛くて 動きが鈍い所は フ …

サプリメントより効果的で綺麗になる、感じて食べる習慣!
サプリメントより効果的で綺麗になる、感じて食べる習慣!

サプリメントに頼りがちなあなた。 美味しく食べて元気になる”食事”を楽しみましょう! 野菜の効用についてもお話します。   1.野菜の栄養 野菜を日常に摂る習慣がない方は ちょっと意識して野菜を食べてみませんか …


- スポンサーリンク -