足のつけ根が硬い方、足が冷える方にお勧めです!

胴体と足をつなぐ
そけい部が固まっていませんか?

美ストレッチ教室・足のつけ根

 

片足を一方の
足に乗せて深く組み

ゆっくりゴロゴロ動かしましょう。

スムーズに動かない部分が
あなたの固まっている所です。

硬くて痛くて
動きが鈍い所は

フーッと吐きながら
ゆっくり動かします。

ひざを横に倒した時に

ひざでクルクルと
炎を描くように動かすと

少しずつほぐれてきます。

一週間ほど
繰り返してみてください。

体が変化するのが実感できますよ音譜

―――――――――――――――――――

美ストレッチが本になりました。
大手書店にも並んでいます!

アマゾンはこちらから☆

美ストレッチ教室・杉山ゆみ・出版

 


いつもお読み頂きありがとうございます!
ランキングに参加しています。あなたのタップ&クリックがとても励みになります。

▼ ▼ ▼
にほんブログ村 健康ブログ 健康コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村

カテゴリー: 踊る健康栄養士・杉山ゆみの港区ストレッチ教室公式ブログ
タグ:, , , ,

- スポンサーリンク -

宜しければシェアして下さい!



- スポンサーリンク -

関連記事一覧

簡単!足首曲げ伸ばしを繰り返せば、足のむくみは解消する
簡単!足首曲げ伸ばしを繰り返せば、足のむくみは解消する

こんばんは。踊る健康栄養士の杉山ゆみです。 足のむくみ解消!今夜も足のストレッチをご紹介します。 1.足のむくみにはこんな原因があった 昨日に引き続き、足のむくみについてお話します。 足のむくみのは主に、次のようなことが …

骨盤のゆがみは体のアンバランスを招く
骨盤のゆがみは体のアンバランスを招く

前回に続き骨盤のお話です。骨盤の柔軟性と体のバランスについてです。 骨盤の柔軟性は運動をされている方なら良くわかると思いますが、可動域が大きいと股関節が柔軟になり腰に力が入りやすくなりますし、パフォーマンスに大きく影響さ …

固まった骨盤をうつ伏せでほぐす!股関節ストレッチ
固まった骨盤をうつ伏せでほぐす!股関節ストレッチ

股関節が硬い方は無理をせず 少しずつ開いていってください。 1.股関節は柔軟ですか あなたの股関節は 柔軟ですか? 写真の形になった時 心地よく膝が開きますか? 日常の生活の中で いつの間にか 硬く固まってしまうと そけ …

暑いのに胃が冷たい、体の中が冷えているタイプの人
暑いのに胃が冷たい、体の中が冷えているタイプの人

暑がりなのに胃が冷え冷えの方 冷え性で体全体が冷えている方 胃の辺りに触れてみてください 硬くなっていませんか。 1.体を冷やし過ぎない 暑さが続きますね。 冷房 冷たい飲み物 体を冷やす食べ物で 冷やし過ぎていませんか …

ずっと元気な体づくり―出版に向けて
ずっと元気な体づくり―出版に向けて

昨日は本の撮影でした。 腕のつけ根を伸ばしたり 鎖骨をマッサージしたり 簡単なストレッチを たくさん撮っていただきました(^.^) 周りの皆さまに助けられ 出版に向けて 一歩一歩進んでいます☆

リンパ液を流して軽い足腰!そけい部や股関節をほぐそう
リンパ液を流して軽い足腰!そけい部や股関節をほぐそう

全身に張り巡らされたリンパ管 今日は脚のつけ根をほぐします。 1.リンパ組織 全身に張り巡らされているリンパ管 そのリンパ管を流れるリンパ液 リンパ管が合流している部にあるリンパ節 それらをまとめて「リンパ組織」と呼びま …

宮城県の河北新報に載りました!
宮城県の河北新報に載りました!

本を監修してくださった 今村幹雄先生のクリニックがある 地元宮城県の河北新報 1面の下に載ってます 東北のたくさんの方に 届きますように☆ 写真を送ってくださった 仙台のお友だち ありがとうございました(^.^) 宮城県 …

そけい部が硬いと骨盤を立てるのが辛い
そけい部が硬いと骨盤を立てるのが辛い

腕を真っすぐに伸ばすって、結構キツイのです。腕の周りや肩が硬いと、腕が伸びきらず前に落ちてしまいますし、腰が硬いと、背中が伸びないので腕が上がりきらないのです。 体は土台の骨盤から 目をつぶって、あなたの背中を下から上に …

太ももを細くしたい方
太ももを細くしたい方

横に張り出した太ももやヒップが気になる方は、写真のように横になり両手で太もも外側をほぐします。   硬く固まって痛い部分があるはずです。優しくあたためながらほぐしましょう。   繰り返すごとに筋肉がほぐれて、体が軽くなり …

無理やり伸ばしていた自己流ストレッチからほぐす動きへ
無理やり伸ばしていた自己流ストレッチからほぐす動きへ

パーソナルレッスンをお受けくださった社交ダンスのプロ選手の男性から嬉しいご感想をいただきありがとうございました。M様と呼ばせていただきます。 ここから↓ ーーーーーーーーーー 先日はありがとうございました。 今まで自己流 …


- スポンサーリンク -