足のつけ根が硬い方、足が冷える方にお勧めです!

胴体と足をつなぐ
そけい部が固まっていませんか?

美ストレッチ教室・足のつけ根

 

片足を一方の
足に乗せて深く組み

ゆっくりゴロゴロ動かしましょう。

スムーズに動かない部分が
あなたの固まっている所です。

硬くて痛くて
動きが鈍い所は

フーッと吐きながら
ゆっくり動かします。

ひざを横に倒した時に

ひざでクルクルと
炎を描くように動かすと

少しずつほぐれてきます。

一週間ほど
繰り返してみてください。

体が変化するのが実感できますよ音譜

―――――――――――――――――――

美ストレッチが本になりました。
大手書店にも並んでいます!

アマゾンはこちらから☆

美ストレッチ教室・杉山ゆみ・出版

 


いつもお読み頂きありがとうございます!
ランキングに参加しています。あなたのタップ&クリックがとても励みになります。

▼ ▼ ▼
にほんブログ村 健康ブログ 健康コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村

カテゴリー: 踊る健康栄養士・杉山ゆみの港区ストレッチ教室公式ブログ
タグ:, , , ,

- スポンサーリンク -

宜しければシェアして下さい!



- スポンサーリンク -

関連記事一覧

いつも食べてるこの食材が美肌と風邪の予防に力を発揮する
いつも食べてるこの食材が美肌と風邪の予防に力を発揮する

皆さまこんばんは。踊る健康栄養士の杉山ゆみです。 食べ物は薬以上の薬です。 医食同源、今日は食べ物と栄養についてお話します。 1.食べ物がもたらす満足感 食べ物には様々な栄養素が含まれていて 私たちの体を維持し、健康を保 …

ひざを抱えて腰や骨盤の周りをほぐす
ひざを抱えて腰や骨盤の周りをほぐす

股関節が硬い、そけい部が痛い、下半身が冷えやすい、むくみやすい、腰痛になる。 そのようなお悩みのある方は 写真のように仰向けで両ひざをかかえましょう。 骨盤の周りがほぐれて、そけい部も腰もゆるんできます。 ひざを抱えたら …

体はいつも良くなろうとしています
体はいつも良くなろうとしています

あなたの気持ちを体に向けて、どこが辛いのか、どこが痛いのか、どうすると心地が良いか、体に聴いてみる時間を繰り返すと、体は変化してきます。 先日、レッスンをお受けくださった方からメッセージをいただきました。 「レッスンの後 …

ふくらはぎはギュッとつかんで滞りを流す!
ふくらはぎはギュッとつかんで滞りを流す!

ふくらはぎのセルフマッサージです。 足が重たい、だるい むくみやセルライトで お悩みの方は 写真のように下から上へ 丁寧にほぐしましょう。 両手の指の腹を使い ギュッとつかんで パッと離す これを繰り返しましょう。 硬く …

体の重心を、今より後にするだけで10歳若返る!
体の重心を、今より後にするだけで10歳若返る!

こんばんは。踊る健康栄養士の杉山ゆみです。 今回は、20代の女性がハッと気づいた、姿勢と体の重心についてお伝えします。     1.姿勢が悪いってどういうこと? 20代後半の、笑顔が似合うこの女性 職 …

腰や背中がこっている方にお勧めのストレッチ
腰や背中がこっている方にお勧めのストレッチ

体を支えている中心の骨盤。 腰や背中は自覚がなくても緊張しやすいのです。 両手を広げて手のひらを下に向け 両足を付けてひざを立てます。 左右にゴロンゴロンと倒しましょう。 腕のつけ根が 大きく上がらないようにして 胴体を …

もう一息で本が出来上がります!
もう一息で本が出来上がります!

出版社で打ち合わせでした。 ずっと一緒に歩んでくださった 編集部の方のポーズです! 腕がしなやかに つけ根も伸びて 背中が真っすぐ スッキリ綺麗です。 腕が緊張することなく 上がると 胸の位置が上がり お腹や腰の辺りも …

あなたの股関節は硬くない?優しくほぐして軽くなる!
あなたの股関節は硬くない?優しくほぐして軽くなる!

股関節ほぐしは、優しく柔らか~く! 1.骨盤の周り 体の中心の骨盤は お腹をキュッとしめ 腹筋をつかっていますが 全身を硬くするほど 力は入りません。 中心の一点に しっかり意識をおき リラックスしている感覚です。 骨盤 …

ピタッと広がった足、最初は硬くて全然できなかったんです!
ピタッと広がった足、最初は硬くて全然できなかったんです!

綺麗な開脚、見ていても気持ちがいいです! 1.股関節の柔軟性 この女性 趣味のダンスが上手になりたくて 続けているうちに だんだん広がるようになりました。 最初は硬くて痛くて 足を開くと 背中が丸くなり ひざが曲がって …

股関節を柔らかくするには太ももから
股関節を柔らかくするには太ももから

股関節が硬い方は 太ももやひざの周りから ほぐしていきましょう。 写真のように つま先を反対側の足に乗せ ひざを床に押し込んでいきます。 ひざが浮いてしまう方は つま先を下に 落として構いません。 太ももとひざの内側を …


- スポンサーリンク -