「出版感謝会」ありがとうございました

皆さまのお陰で
一歩一歩前進していけます。

周りの方たちが輝いているから
元気でいられる。

そんなことを
改めて感じた日でした。

出版社の合同フォレスト株式会社
取締役の山中さんから
サプライズのニュースもあり

嬉しいひとときを
ありがとうございました。

サプライズの内容は
近いうちに報告いたしますね!

美ストレッチ教室・出版感謝会
ーーーーーーーーーーーーー
『50歳から始める介護されない体づくり』
https://www.amazon.co.jp//dp/4772660801


いつもお読み頂きありがとうございます!
ランキングに参加しています。あなたのタップ&クリックがとても励みになります。

▼ ▼ ▼
にほんブログ村 健康ブログ 健康コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村

カテゴリー: 踊る健康栄養士・杉山ゆみの港区ストレッチ教室公式ブログ
タグ:, , , ,

宜しければシェアして下さい!



関連記事一覧

仙台に行ってきました!
仙台に行ってきました!

仙台で書店ご挨拶回りをしてきました。 書店によって置いてあるジャンルが 少し違っていて それを見て回るのも 楽しかったです。 老化、認知症予防、健康など・・・ 見つけると思わず写真を撮ってしまいます!   「ベ …

治らないと思っていた辛い腰痛が楽になって、身体が軽い!
治らないと思っていた辛い腰痛が楽になって、身体が軽い!

腰痛で悩んでいらっしゃる方。 体をほぐして左右差をなくしていくと 腰が楽になりますよ。 1.片膝ずつかかえる 仰向けで片足ずつ 膝をかかえて 小さく左右に揺らしましょう。 足の付け根やそけい部が ゆるんできます。 腰痛が …

足が疲れた日の夜はふくらはぎをほぐすと翌朝の目覚めが軽い
足が疲れた日の夜はふくらはぎをほぐすと翌朝の目覚めが軽い

自分の体に触れて ほぐすことを覚えておくと 体が重くてだるくなる前に 防ぐことができますよ。   1.下半身シェイプアップ 上半身に比べて 下半身が太い 太ももの外側が 硬くて痛い むくみや ゆがみがある こん …

縮みやすい腕のつけ根を伸ばそう!毎日腕上げストレッチ
縮みやすい腕のつけ根を伸ばそう!毎日腕上げストレッチ

寒くなってきましたね。体が縮こまって肩や背中もこわばります。皆さんは、一日のうち何回腕を上げますか。 日常生活で腕を上げる動きは、あまりありません。体は、「使っていない筋肉は必要がないもの」と縮まらせてしまいます(廃用性 …

いつも身体が自然に動いてほぐしています!78歳女性
いつも身体が自然に動いてほぐしています!78歳女性

1か月ぶりにレッスンにいらっしゃったこの女性 1.体調を崩して寝ていました 高齢になって具合が悪くなると 回復力は若い頃に比べて低下します。 年齢と共に免疫の力が落ちてくるからです。 横になる時間が長くなると 筋肉が硬く …

男性だって背中が伸びたスッキリ姿勢が美しい!
男性だって背中が伸びたスッキリ姿勢が美しい!

股関節のストレッチ 腰から背中が伸びて綺麗になります。 1.倒すのではなく頭を遠くにする このように 前屈する動き 頑張って 体を丸めて 頭を落としていませんか。 力んだストレッチは 筋肉を傷めてしまいます。 頭ばかりを …

辛い首や肩のコリは、いつもの姿勢や体の癖に原因があるかも
辛い首や肩のコリは、いつもの姿勢や体の癖に原因があるかも

スマホをこんな姿勢で 見ていませんか 1.左の腕がしびれてきた 30代初めの女性は ここ最近 首の左側のコリが続いていました。 仕事が忙しいこともあり 日々のストレッチを怠っていて コリが残ったまま 眠りについてしまいま …

85歳の足が元気になる!足を後に、そけい部とつま先伸ばし
85歳の足が元気になる!足を後に、そけい部とつま先伸ばし

この後ろ姿の女性は85歳です。   1.足を後に出して、つま先まで伸ばす 後に出した足の甲を下にして 綺麗につま先まで伸ばすのは 結構大変です。 膝が曲がってしまったり かかとが外に向いてしまったりして スッと …

あら?足の形が変わった!60代でもO脚は改善される
あら?足の形が変わった!60代でもO脚は改善される

O脚で悩んでいらっしゃる女性はとても多いです。 あきらめないでくださいね。 1.徐々に増えてきた体重 60代の女性 20代の頃はスリムで 素敵な洋服を着こなし おしゃれを楽しんでいました。 結婚して子どもが二人 一人生ま …

肩や首が楽になる!腕のつけ根をほぐすコツ
肩や首が楽になる!腕のつけ根をほぐすコツ

腕のつけ根は硬くなりやすいですね。 コリで固まらないうちに ほぐしてゆるめましょう。 1.ひじから腕のつけ根まで 片方の腕を上げ もう一方の手で ひじの内側から 腕のつけ根に向かって 二の腕のたるみを 流していくように …


- スポンサーリンク -