首筋マッサージは優しくゆったりと

疲れや緊張が続くと
首や肩の周りが辛いですね。

一日同じ体勢でいるだけでも
体はコリ固まってきます。

手の平を首の後ろから前に
ゆっくり何度も動かし
あたためるように、ほぐしていきます。

少しずつ手の平の位置を下げ
肩から鎖骨も触れていきましょう。

ポイントは
手の平を体に密着させて
じんわりほぐれるのを感じながら動かすことです。

今日もしなやかにお過ごしくださいね音譜

 

美ストレッチ教室・首筋マッサージ


いつもお読み頂きありがとうございます!
ランキングに参加しています。あなたのタップ&クリックがとても励みになります。

▼ ▼ ▼
にほんブログ村 健康ブログ 健康コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村

カテゴリー: 踊る健康栄養士・杉山ゆみの港区ストレッチ教室公式ブログ
タグ:, , , ,

- スポンサーリンク -

宜しければシェアして下さい!



- スポンサーリンク -

関連記事一覧

どの位老化した?年代ごとの体型変化からあなたの老いを知る
どの位老化した?年代ごとの体型変化からあなたの老いを知る

 あなたの体は若い頃に比べて どの位衰えているのでしょうか。 1.老いは体型の変化からやってくる 私たちは、生まれてから死ぬまで 老いに向かって歩んでいます。 しかし、個人差は大きく ある年齢を境に非常に顕著になるのです …

起きた時お腹はスッキリしていますか?過食はこんなに怖い!
起きた時お腹はスッキリしていますか?過食はこんなに怖い!

やたらと食べたくなる時ってありますね。良くないとわかっていても食べることが止まらなくなってしまう。 今日は食べ過ぎの体に及ぼす影響について考えてみましょう。 1.過食、ストレス食い 食べるということは心と密接につながって …

本日18時からのFMおだわらに出演します!
本日18時からのFMおだわらに出演します!

印南 敦史さん、宮本 ゆみ子さん、今日はよろしくお願いします(^O^)/電波の届かない方はスマホやパソコンからも聞けますよ~☆   番組名:印南敦史のキキミミ図書館 放送日:4/30(日)18:00〜19:00 《再放送 …

重い足、だるい足、股関節やそけい部が硬くないですか
重い足、だるい足、股関節やそけい部が硬くないですか

「足が重いです、だるいです~!」という方 股関節やそけい部が硬くなっていませんか? いつの間にか 固まってしまった足のつけ根。 「あれ?私の股関節はこんなに開かない」 と、思われた方もいるでしょう。 股関節に痛みがある方 …

腰痛改善ストレッチ!じんわりほぐす動きを繰り返そう
腰痛改善ストレッチ!じんわりほぐす動きを繰り返そう

小さな動きでも繰り返しおこなってみましょう。 楽になって身体の中から変わってきますよ。   1.常に腰が重たい体 ひどい腰痛とまではいかないけれど 常に腰が重たくて スッキリしない そんな方が多いです。 体はい …

こんなに軽い足になるの!第2の心臓ふくらはぎほぐし
こんなに軽い足になるの!第2の心臓ふくらはぎほぐし

足が重たい、だるい方、ふくらはぎほぐしはお勧めです! 1.第2の心臓と言われるわけ 心臓から送り出された血液は 循環して再び心臓へと戻ってきます。 押し出された血液は大動脈、毛細血管 そして静脈へと流れていきます。 上半 …

腰や背中がこっている方にお勧めのストレッチ
腰や背中がこっている方にお勧めのストレッチ

体を支えている中心の骨盤。 腰や背中は自覚がなくても緊張しやすいのです。 両手を広げて手のひらを下に向け 両足を付けてひざを立てます。 左右にゴロンゴロンと倒しましょう。 腕のつけ根が 大きく上がらないようにして 胴体を …

宮城県の河北新報に載りました!
宮城県の河北新報に載りました!

本を監修してくださった 今村幹雄先生のクリニックがある 地元宮城県の河北新報 1面の下に載ってます 東北のたくさんの方に 届きますように☆ 写真を送ってくださった 仙台のお友だち ありがとうございました(^.^) 宮城県 …

腕の付け根は硬くない?つらい首肩こりの解消に!
腕の付け根は硬くない?つらい首肩こりの解消に!

50代の女性 休日にのんびりと読書三昧。 じっとして本を読み過ぎ 体が悲鳴をあげてしまいました。 1.夢中になって読書した結果 首、肩のコリがひどくなり 頭痛がするほど辛くなりました。 何をどうしたら良いのやら 分からな …

肩や首が楽になる!腕のつけ根をほぐすコツ
肩や首が楽になる!腕のつけ根をほぐすコツ

腕のつけ根は硬くなりやすいですね。 コリで固まらないうちに ほぐしてゆるめましょう。 1.ひじから腕のつけ根まで 片方の腕を上げ もう一方の手で ひじの内側から 腕のつけ根に向かって 二の腕のたるみを 流していくように …


- スポンサーリンク -