首の周りをほぐすマッサージで顔がスッキリ肩こり解消!

首の周りやあごの辺りを
「もう少しスッキリさせたいなあ」と思っている方は

自分の体に触れてあたため
体が変化するのを感じ取ってみましょう。

いつも体を感じていると変化に敏感になってきます。

 

① 頭を右に倒したら、左側の首筋を右手の指の腹で、上から下へとマッサージ

② 次は、手のひら全部を使って首の後ろから前へ

美ストレッチ教室・首の周りをほぐす

 

美ストレッチ教室・鎖骨

③ 次は、肩から鎖骨に向かって手のひらをベッタリ体につけてあたためるように動かします。

➃ 反対側も同様に

 

たったこれだけで首がスッキリしますよ。

明日も笑顔の一日になりますように。


カロリー塩分調整も楽チン♪宅配弁当なら彩ダイニング


いつもお読み頂きありがとうございます!
ランキングに参加しています。あなたのタップ&クリックがとても励みになります。

▼ ▼ ▼
にほんブログ村 健康ブログ 健康コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村

カテゴリー: 踊る健康栄養士・杉山ゆみの港区ストレッチ教室公式ブログ
タグ:, , , , ,

- スポンサーリンク -

宜しければシェアして下さい!



- スポンサーリンク -

関連記事一覧

太ももを細くしたい方
太ももを細くしたい方

横に張り出した太ももやヒップが気になる方は、写真のように横になり両手で太もも外側をほぐします。   硬く固まって痛い部分があるはずです。優しくあたためながらほぐしましょう。   繰り返すごとに筋肉がほぐれて、体が軽くなり …

この動きを続ければ足の指が柔軟になり、足の形が変わる!
この動きを続ければ足の指が柔軟になり、足の形が変わる!

今日は、足の先を柔軟にする動きをお伝えします。 1.足の指は脳とつながっている あなたの足指、固まっていませんか。 かかとを上げて指を曲げてみましょう。 かかとが真上に上がるまで動かせますか? 指はそこまで曲がります。 …

ここを伸ばすと下半身スッキリ、ヒップがアップする!
ここを伸ばすと下半身スッキリ、ヒップがアップする!

気持ちよさそうに伸びていますね。 ひざを曲げて 反対の足を後に伸ばします。 付け根を伸ばすように ヒップを押し上げましょう。 そけい部や 太もも ひざの周り この辺りが硬いと イタタタ・・・・ となるかもしれません。 写 …

睡眠不足は危険!よく眠れるストレッチ法とは!?
睡眠不足は危険!よく眠れるストレッチ法とは!?

こんばんは。踊る健康栄養士の杉山ゆみです。 今回は、70代女性の眠れなかったお悩みが解消したお話です。   1.睡眠の効果 小さい頃は、ぐっすり寝て起きたら元気いっぱいに活動! こんな毎日を繰り返していましたよ …

歩きで体型が変わる!綺麗な歩き方をしていますか?
歩きで体型が変わる!綺麗な歩き方をしていますか?

不意なできごとで足を骨折してしまうことがあります。 道端でつまずいたり お風呂場で足を滑らせたり・・・ 柔軟な体と、綺麗な歩き方を心がけると それだけでも予防になりますよ。 1.歩きを意識する あなたはご自分が どんな風 …

0脚や、太ももの外側の張りを改善し形良いヒップにする
0脚や、太ももの外側の張りを改善し形良いヒップにする

0脚になったり 太ももの外側が張り出してくると ヒップも 横に広がりやすいのです。 1.ヒップに触れて あなたのヒップの 内側の方を指先で触れ かかとを外に開いてみましょう。 内股になったような 足の形にします。 指先で …

足首はあなたの健康がわかる大切な場所
足首はあなたの健康がわかる大切な場所

足首は大きく動かします。 わかりやすく上から撮りました。 足首を曲げる時は つま先が天に向くように 伸ばした時は つま先が地面に付くように そんな気持ちで 繰り返しましょう。 足首の硬い方は 最初は大きく動きません。 繰 …

内臓脂肪のメタボと運動器のロコモ
内臓脂肪のメタボと運動器のロコモ

メタボリックシンドロームは皆さまもご存知かと思います。 ロコモティブシンドロームは耳にしたことがありますか。 健康長寿にはメタボとロコモを改善させることが大切です。 11月のレッスン情報 1.メタボとロコモ メタボリック …

首の斜め筋を美しくする、首と鎖骨のマッサージ
首の斜め筋を美しくする、首と鎖骨のマッサージ

レッスンにお越しくださっているこの女性 60代で、ますます美しさが磨かれています! 1.首すじと鎖骨 久し振りに撮らせていただいた 写真を見て 思わず叫んでしまいました。 「首筋がキレイ!!!」 首すじから鎖骨に向けて …

腰や背中がこっている方にお勧めのストレッチ
腰や背中がこっている方にお勧めのストレッチ

体を支えている中心の骨盤。 腰や背中は自覚がなくても緊張しやすいのです。 両手を広げて手のひらを下に向け 両足を付けてひざを立てます。 左右にゴロンゴロンと倒しましょう。 腕のつけ根が 大きく上がらないようにして 胴体を …


- スポンサーリンク -