美ストレッチブログ

特定健診の腹囲基準値、女性90cm男性85cm未満をクリアしたい

特定健診のお腹周りの基準値は、女性90cm、男性85cm未満です。

お腹周りを85cm未満にしたい

「お腹周りが減りません。」という50代の男性。決して肥満の体型ではありません。標準に近い体重です。

それなのに、メタボ健診でお腹周りが85cmを超えてしまいました。次の健診までには85cm未満になりたいというご希望です。

姿勢が変われば変わる!壁に背中を付けて確認

お会いしてすぐに「姿勢が変われば変わる!」と思いましたので、こんなことをやっていただきました。

壁に背中を向けて、次の5か所が壁についているかを確認します。

1.かかと
2.ふくらばぎ
3.ヒップ
4.肩甲骨
5.頭

ふくらはぎがつかない方は、ひざが曲がりぎみです。ヒップがつかない方は腰が反りぎみです。肩甲骨や頭がつかない方は猫背ぎみです。

この方の背中はいかがでしたでしょうか・・・

「肩甲骨を壁につけ、さらに頭を壁につけようとするとアゴが上がってしまいます。アゴを戻すと頭が離れてしまいます。

のぶくん変化前

猫背だと頭が離れる

背中で何度も、5か所を壁につけることを繰り返しているうちに、ご自身で気付かれました。

「肩が前に落ちているから頭が離れる。」

「肩をつけようとすると、キツイけれど胸の位置が上がってくる」と。

姿勢2

胸の位置を上げるだけでウエストが2cm減少した!

胸の位置を上げるとお腹の筋肉が使われて、お腹が薄い状態になってきます。お腹周りが減ってきました。測ってみると嬉しいことに2cmも減少しています!

けれども、一瞬で変わるものはすぐに戻ります。せっかく減少しても、続けなければ本当に変化ができません。

背中に壁があると思って

普段の姿勢を意識して、歩くときも座っていても常に背中に壁があると思って、体の背中側を意識しましょう。

あなたが元気で健康でキレイでいるために、習慣になるまでちょっと集中してみることが大切。変化を起こしますよ!

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村