杉山ゆみ 港区品川近郊 美ストレッチブログ

ストレッチで硬い体をほぐし、心地よい綺麗な体をキープする

体をほぐす

こんばんは。美ストレッチ杉山ゆみです。

今日はストレッチについてお話しします。

「日々の小さな動きの積み重ねって大事だなあ」と感じてくださったら嬉しいです!

ストレッチは何故するの?

ストレッチとは反動をつけずに筋肉を伸ばし、キープする方法です。

筋肉同士のバランスを調整して体全体を整えます。硬くなった筋肉をほぐすことで、関節の可動域を広げて体を動かしやすくし、柔軟性をつくりケガを予防します。

また、疲労を和らげ、血液循環を促し、疲労回復力を促進させる効果があります。簡単に、どこにいても動かすことができる安全な運動です。

筋肉は動かすことが少なくなると、柔軟性がなくなってきます。昔は平気でできたストレッチが痛くて伸びなくなっている部分はありませんか。特に、硬くなりやすい部分は、首から肩、腕の付け根、骨盤の周り、太ももの周り、ひざの後側です。

これらの部分がほぐれていないと『硬い体』になります。

この動きができれば合格!

次の動きがスムーズにできますか?

この5つができれば、あなたの体はとても綺麗です。

1.腕を上げ、ひじを伸ばしたまま耳の横まで持ってくることができる
2.あごを上げ、頭を後に倒して首すじを伸ばすことが痛くない
3.座って足を前に伸ばし、体を真っすぐに立てることができる
4.その時、ひざの後がピッタリと床に付いてる
5.開脚がひざを伸ばしてできる

いかがでしょう?

特に、硬くなりやすい部分、首から肩、腕の付け根、骨盤の周り、太ももの周り、ひざの後側が硬い方には辛い動きではないでしょうか。

ストレッチで怪我を防ぐ

体に良いと思って運動をしたにもかかわらず、腰や背中を痛めてしまった、怪我をしてしまった経験のある方は多いのです。

若い頃はできたという気持ちで硬くなっている体を無理に動かすと、体は急な刺激に驚いて辛いことになってしまいます。

まずは優しくストレッチをして、硬くなっている筋肉をじんわりとほぐしましょう。怪我の予防に効果的です。

 

いきなり伸ばすのではなく、最初は体に触れてほぐすことから始めます。

1.まずは、足首を回し、ふくらはぎマッサージからスタートです。今日は硬いとか、昨日よりほぐれているなどと、体の状態を感じ取ることができます。

2、次に、足を前に出して前屈をしましょう。体を倒すというより背中を伸ばす感覚で、腰の周りを引き上げていきます。

3.そのあとは、肩の上に手を置き、ひじをグルグル回して腕の付け根や肩をほぐしましょう。片手ずつ行います。

4.さらに、余裕のある方はゆっくりと頭を前後左右に倒して、首すじを伸ばす動きを繰り返しましょう。斜め前や斜め後ろにも頭を倒してみてください。首すじの硬い方は斜めの筋肉を伸ばすととても痛いのですが、繰り返しの動きで気持ちが良くなりほぐれてきます。

お風呂の中や、寝る前、寝起きに行うなど、自分で決めた時間に繰り返すと習慣になってきます。

呼吸がゆったりして心地よくなる

筋肉がほぐれると共に、呼吸がゆっくり大きくなっていきます。

体の力を抜いて深い呼吸を繰り返しましょう。

初めは短時間で無理なく続け、伸びる感覚がつかめてきたら体の各部分を十分にほぐしていきます。

最後はこのように横たわり、じんわりとゆるんだ心地よさを感じましょう。

体をほぐす

次回もストレッチについて書きます。お楽しみに!

明日も笑顔でしなやかにお過ごしくださいませ。