杉山ゆみ 東京港区 美ストレッチブログ

ヒップアップ!年齢と共に落ちてくるヒップが気になる

ヒップアップ

こんばんは。美ストレッチ杉山ゆみです。

今日はお悩みの多い、落ちてきたヒップを上げるポイントについてお話します。

膝がゆるめばゆるむ

あなたのヒップ、キュッと締まっていますか?

若いころはプリッとしていたお尻が、だんだんゆるみ、もっとゆるむと下に落ちます。

膝がゆるんでいる方は、太ももの後側もゆるむのでズズッと落ちてきます。

膝を伸ばすことを意識して歩くと、思う以上にキツイかもしれません。そこまで体に意識を持ってくることが大切です。

かかとを内側に

立ったままあなたのヒップに手を置きましょう。少し下の内側です。

最初にかかとを外にして、内またの形にしてみます。お尻がゆるんだと思います。

それでは、逆につま先を外に向けて、かかとを内側にします。

いかがですか?

これだけでゆるんだ部分が締まってきませんか?

内またはお尻がゆるみ、お腹の筋肉もゆるんで締りがなくなります。

かかとを内側にして、太ももの内側から骨盤底筋を締めることがヒップアップのポイントです。

締める部分はヒップの横ではなく下

締めようと頑張り、ギュッとお尻の横を縮ませるとピーマンのようなヒップの形になります。

そうではなくて、お尻の下側が締まるようになると綺麗です。

下を締めてキュッと上げる。

上がるヒップを目指して、こちらの動きを繰り返しましょう。

足を後に伸ばします。

骨盤から足を伸ばし、膝も伸ばして後足はかかとを内側に入れ、親指だけで体を支えてキープします。

ヒップアップ

そけい部が硬いとキツいかもしれません。

足首や足の甲が硬い方、足の指が固まっている方は足がつってくるかもしれません。

決して諦めてはいけません。今のあなたの体の状態を知ることが大事です。そこから変化が始まります。

鏡で膝が伸びているのを確認しましょう。自分では伸ばしているつもりが伸び切っていないことが多いのです。

かかとはしっかり内側に絞ります。外にするとゆるみ、内に絞ると締まるのが分かりますか。

片足20秒ずつ、左右繰り返していくうちに締まってくるのが感じられるはずです。

足を後に振り上げる

この動きは、家でもオフィスでも簡単にできます。

膝とつま先を伸ばし、かかとを内側に絞ることを忘れずに繰り返しましょう。

最後はヒップに手を置いて、変化を確認してください。膝が伸び、かかとが内側に絞れれば効果の大きい動きです。

そけい部を伸ばす

体は各パーツが本来ある位置に整ってくると、コリがほぐれ、血流が良くなって体内が暖かくなり、全身が軽くエネルギッシュになります。

毎日の小さな繰り返しで、あなたの体型とともに体調も変化を起こしますよ。

今日も最後までお読みくださりありがとうございました。