美ストレッチブログ

ストレッチのメリット 体が柔軟になるとこんなにいいことがある

こんばんは。美ストレッチ杉山ゆみです。

今日は柔軟な体のメリットについてのお話です。心地良いことが一つ二つと増え、嬉しい気持ちで毎日を過ごすと引き寄せられるように楽しいことがやってきます。

柔軟性のある体にはどんなメリットがあるのでしょう。

「ストレッチを続けてます」という声がたくさん聞こえてきますように♡

コリがなくなり疲労回復が早い

一日中動いて疲れ切ってしまった体。

オフィスで座ったまま、あるいは、ずっと立ちっぱなしで疲労した筋肉も、柔軟性があるとほぐれが早く、短時間で回復します。

また、頑固な首、肩のこりや腰痛も体を柔らかくすることで改善が早くなります。

柔軟性のない硬い体は、関節に負担がかかりやすく可動域が狭いので、首、肩こり、腰痛を起こしやすくなりますが、柔軟性が付くことで関節の負担が減り、コリの解消に繋がります。

運動機能がアップする

筋肉がやわらいでくると、そこにつながった筋肉も伸びてきて、関節の可動域が広がり運動のパフォーマンスが上がります。

筋肉を鍛えると共に柔軟性をつけることは、力強さとしなやかさのある身体となります。股関節の柔軟性が腰痛になるのを軽減したり、膝への負担を軽くすることも考えられます。

体が硬いより、柔軟な方が筋肉が大きく動くので、運動競技、ダンス、武道などすべての運動に、しなやかな柔軟な体を持つことは技術力も上がるはずです。

ケガの予防になる

体が温まらない状態、硬い状態で動き出し、筋肉を痛めてしまったことはありませんか?

寒い日や冷房で冷え切っている時は、筋肉がキュッと硬くなっています。ちょっとしたつまずきでケガをしてしまうことも多いのです。

また、腰が疲れて痛い、腰の筋肉が硬い時に、急に力を入れてしまい、ギックリ腰になることも。

ストレッチをすることで筋肉の温度が上がり、ほぐれてケガをしにくい体を作ります。

柔軟性があることでケガを防ぐことができます。

リラックス効果が大きい

呼吸に合わせた動きで心地よい伸びを繰り返すと、次第に呼吸が整い深くなります。

柔軟性のある体はほぐれが早く、血液の流れをスムーズにして心身共にリラックスする効果が大きいのです。

 

東京ベイ美ストレッチ・前屈

柔軟性のある体のメリットについてのお話、いかがでしたでしょうか。

体をほぐしてゆるめて、今日も心地よくお過ごしくださいませ。

次回はストレッチを繰り返された方々の声を年代別にご紹介します。

今日もお読みくださりありがとうございました。