東京ベイ美ストレッチ
骨マニアの美ストレッチ
ダイエット相談あれこれ

【ダイエット相談あれこれ】③-1真夜中に無意識に食べてしまう

こんにちは☆杉山ゆみです♬

ここでは、管理栄養士としてお会いする中で、食を通して出会った多くの印象深いお話をしていきます。

野菜をたくさん食べてます

「野菜をたっぷり食べてます。」
「とても良いですね!野菜はどうしても不足がちになるので意識して食べるって大事ですよね。」

そんな会話からはじまりました。

Sさんは48歳の独身の男性です。会社の健診で糖代謝が高く体重も標準体重を上回る数値でした。会社から食事アドバイスを受けるよう言われていらっしゃいました。

ですので、自分の意思でなく”しかたなく”来られたようです。最初に部屋にお入りになった表情で分かります。

”しかたなく”来た方でも、話してみたら面白かったと思っていただけるように努めるのが私の役目です。

私はSさんのお役に立てたのでしょうか・・・

夜は基本的に主食をとりません

まずは、健診の結果の数値を一緒に見ながら説明をしていきます。過去4年間の結果が一覧になっているので、そちらと合わせて見ていくと・・・

毎年1kgずつ体重が増えているようです。年に1kgだとあまり気が付かないのですが確実に増加するという、多くいらっしゃるパターンです。

体重の増加と一緒に血糖の値も上昇しているので、このままでは糖尿病になってしまいます。今のうちに減量が必要なのです。

体重の増加とともに糖代謝の数値が上昇してきた方は、まずは減量することで改善が期待できます。糖尿病でこの先ずっとお薬を飲むことを考えたら、今、どうするかがとても大事です。

「現在の体重は何kgですか?」とおたずねしたら、「分かりません」とのことでした。

現体重を把握しておくことは大切です。

Sさんの食生活をお聞きすると、朝食は摂らず、昼は会社のお弁当、夜は主食を食べずにおかずだけ。アルコールはとりません。間食もしません。たばこも吸いません。夕食は野菜を中心にバランスよく食べているとのことでした。

夕食を摂りすぎて空腹感のない朝

この食生活で体重が増える原因は何かな?と思い、「朝はお腹が空きませんか?」とたずねてみました。

というのは、夕食にご飯は食べなくても”おかず”を食べ過ぎて、総カロリーが大きかったり、食べ過ぎて寝るので内臓が疲労し、朝起きたときにスッキリ感がなく、お腹も空かない場合があります。

やはり、「ええ、朝は胃がムカムカして空腹感がありません」との返事でした。

体は自分自身がケアしてあげなければ、誰も助けてあげられません。お休みになる夜は内臓もお休みさせてあげることが本当の休養です。

体重記録をつけていた

Sさんはバッグからタブレットを取り出し「これ、見てください。」と。

朝と夕の体重記録表でした。

「あら、体重測ってるのね。」と思いましたが、「体重は分かりません。」とおっしゃっていたのが、「見てください。」になったのは大きな変化です。

夜の体重より朝の体重が増えています。

本来なら、一日の終わりの夜に増えた体重が、寝ている間に体重が戻り、一定の値を維持しているのですが、朝に増えているということはやはり、体が休まらないほど夜の摂取量が多いのではとお伝えしました。

すると、Sさんは不思議なことをおっしゃいました。

続く

続きはこちらです