東京ベイ美ストレッチ
骨から動かすストレッチ、今日も伸びる幸せ
ととさんのストレッチルンルン

89歳ととさんのストレッチルンルン⑨

こんにちは☆杉山ゆみです♬

こちらは、レッスンに参加されるる方たちの中の最高齢の89歳、通称ととさんが12年前から始めたストレッチや日常の様子をお話しています(ととさんってどんな人?→私の母です

前回のお話は、ピザを食べていて座ったまま上を向き、動かなくなったととさんの話でした。その後をお伝えしましょう。

意識がなくなった

「どうしたの?」と立ち上がり近くに行った私が目にしたのは、上を向いたままピザを手で持ち口を噛み締め、意識のない状態のととさんでした。突然のことで何が起こったのか理解ができず、とにかく口のピザを取り皿に置きました。すると、小さく体が震え出し硬直し始め、椅子に座っていられなくなりました。

「すみません!救急車を呼んでください!下に寝かせます!」

と叫んだ私に気が付き、周りのお客さんたちは一斉にテーブルや椅子を移動させ、場所を大きく開けてくださいました。

どなたかが手を貸してくれました。私と一緒にととさんを床に寝かせ、気道確保のために体を横に向けて救急車を待ちました。と、その時、ととさんは軽いいびきを始めました。

突然のことで混乱しているにも関わらず、「ああ、もうダメかな」と、私は妙に冷静になっていました。

間もなく救急車が到着し、倒れた経過を私から聞いた救急隊員の方は、ととさんに何度も声をかけていましたが意識は戻りません。私はお店の方やお客さんにお礼を言って会計を済ませ、そのまま救急車に乗りました。

ととさんを乗せた救急車のドアが閉まる時、一緒にいたよっしーさんが涙目で「じゃあね・・・」と手を振ってくれました。もう二度と会えないと思っていたそうです。

救急車の中で

病院を探しながら走っている救急車の中でも、救急隊員の方はととさんにたくさん声をかけてくれましたが反応はありませんでした。

「こんなに突然な別れなの?」「何で?」「何で?」と、ととさんを見つめていました。

10分ほど経過したでしょうか?いや、もっと短い時間だったかもしれません。

突然

仰向けに寝ているととさんは、左足の膝をかかえて胸に近づけストンと離して伸ばし、反対の右足の膝も同様にかかえて伸ばし・・・をしました!

いつもレッスンでやっている動きです!!!

驚いた私は声をかけましたが、「う~~ん」と小さく声を出し反応がなくなりました。

でも、このストレッチ姿を見て私は、「あ、絶対大丈夫だ!」と確信したのです。

続く

☆★☆★☆★☆★☆★
第1回目からはこちらです。
89歳 ととさんのストレッチルンルン①
89歳 ととさんのストレッチルンルン②
89歳 ととさんのストレッチルンルン③
89歳 ととさんのストレッチルンルン④
89歳 ととさんのストレッチルンルン⑤
89歳 ととさんのストレッチルンルン⑥
89歳 ととさんのストレッチルンルン⑦
89歳 ととさんのストレッチルンルン⑧

膝をかかえるストレッチはとても簡単!真っすぐに膝を胸に近づけてくださいね。骨盤がずれていると膝が内に入ったり外に逃げたりします。真っすぐを意識して!

にほんブログ村 健康ブログ 健康コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村