東京ベイ美ストレッチ
骨マニアの美ストレッチ
医食同源

「医食同源」毎日の食事が薬になる!管理栄養士が伝える若さと健康を保つ食事法①

こんにちは。杉山ゆみです☆

毎日の食事が体に大きな影響を与える

毎日の食べ物で健康を維持したり、体調を崩したり。

そう考えると、何の意識をしなくても普通に習慣になっている『食べる』ということが体に大きな影響を与えているってことですね。

ただ栄養素を摂っているというだけでなく、あなたがどんな気持ちで食べるかという「食に対する思い」でも違ってくるはずです。

どんな気持ちで食べる?

これは食べちゃダメとか、これさえ食べればいいとか、そういうことではないのです。

「美味しいね」
「味が濃いなあ」
「いい香り」
「歯ごたえ合って好き」
「おふくろの味を思い出すぞ」
「今夜、旦那に作ってあげよう」
「昨日、脂っこいものが多かったから今日はさっぱりと」

などなど・・・

スマホを見ながら食べていたら意識は食に向きません。目の前の食べ物を大切にして食べてみませんか。

何を選ぶか、そして、食べる時の気持ち。両方必要です。

食事は体にとって毒にも薬にもなるのです。

体を思う食事

朝も昼もまともに食べる時間が取れない方は、どうしても夕食過多になってしまいます。体重増加の一番の原因ですので気を付けつつ、夕食を楽しみましょう。油こってり、糖質中心、アルコール多めなど、偏った食べ方は平日はちょっと我慢して、週末の自分へのプレゼントとして週末だけは楽しんでください。

平日に過食をやめると決めるだけでも、不思議と週末も過食をしない習慣がついてきます。『体を思う』気持ちで食事をしてくださいね。

こちらに続く
「医食同源」毎日の食事が薬になる!管理栄養士が伝える若さと健康を保つ食事法②

この記事もお勧めです。
起きた時お腹はスッキリしていますか?過食はこんなに怖い!

☆ブログランキングに参加しています☆
☆ポチッと押していただけましたらとってもうれしいです☆
にほんブログ村 健康ブログ 健康コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村