美ストレッチブログ

冬至のかぼちゃとゆず湯は運気が上がり、風邪をひかずに冬を越せる

今日もブログに来てくれてありがとうございます♡

12月22日は冬至ですね。

冬至は1年で最も夜が長く昼が短い日です。そのため、太陽が生まれ変わると考え「一陽来復」で運が上昇してくる日とされていました。

この日にゆず湯に入り、かぼちゃを食べると風邪をひかないと言われます。

冬至のゆず湯

冬至にゆず湯に入ると風邪をひかずに冬を越せると、昔から言われています。

昔は、毎日入浴はしませんでした。しかし、この日は一陽来復のために入浴で身を清めました。

湯治(とうじ)と冬至(とうじ)との語呂合わせで、身体息災であれば融通(ゆうずう)が利くといわれ

ゆずは強い香りで邪気がおこらないと考えら、実るまでに年月のかかるゆずを入れることで、長年の苦労が実りますようにとの願いも込めていたそうです。

実際、ゆずに含まれるビタミンCやクエン酸は美肌効果を、香りはリラックス効果があり、お風呂に入れることで体を温め、風邪を予防する力を発揮しているんですね。

冬至のかぼちゃ

冬至にかぼちゃを食べる風習は江戸時代からあったようです。

風邪だけではなく、中風(脳卒中)にならないと言われていました。

かぼちゃは「南瓜」と書き、ウリ科で夏の食べ物です。何故、夏のかぼちゃが昔から冬至に食べられていたのでしょう。

江戸時代には保存の技術もなかったために、秋を過ぎると食べられる野菜は少なくなっていましたが、かぼちゃは保存できる野菜として重宝されていたようです。熟されたかぼちゃは甘味が強くなりカロテンも豊富になります。

かぼちゃに多く含まれるビタミンEやカロテンは免疫力を高め、血行を良くしてくれるので、風邪をひかず、脳卒中を予防すると言われていたようです。

おだしで炊いた上品な含め煮も美味しいですが、私はホクホクタイプの煮南瓜が好きです♡

体をあたため免疫力を高める食品をとる

風邪は万病の元。冬至のゆず湯やかぼちゃ以外にもこんな食品が予防になります。

ウイルスに対する抵抗力をつけ、風邪に効果的なビタミンC、強い殺菌力を持つ有機硫黄化合物の多く含む食品がお勧めです。

柑橘系フルーツ
グレープフルーツ、オレンジ、みかんなど柑橘類にはビタミンCが豊富で、免疫力を高めます。

大根
大根おろしにした時のピリピリ感に有機硫黄化合物が含まれ、風邪による口内炎や咳を穏やかにします。

はちみつ
殺菌作用があり、風邪による喉の痛みを和らげます。

しょうが
しょうがに含まれるジンゲロールには、発汗・整腸作用があり体内の菌を排出します。

ねぎ
独特の匂いの素、アリシンには殺菌作用があり口の中の菌の繁殖を抑えます。

その他
にらや、にんにくうなぎ

味噌納豆などの発酵食品もお勧めです。

終わりに

ゆず湯とかぼちゃ。外から、そして食べ物で体の中からも風邪を予防するという、昔からの言い伝えは一理ありますね。

あなたの体も、どうぞ血行を良くし免疫力を高めてあげてくださいませ。風邪をひかずにこの冬を元気に乗り切りましょうね。

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村