美ストレッチブログ

歯の食いしばりや歯ぎしりの癖で張った頬は、優しくほぐして小顔に

今日もブログに来てくれてありがとうございます♡

歯をギュッと食いしばってしまったり、寝ている時に歯ぎしりしたり。

そのような癖はありませんか?

硬く緊張した頬の筋肉は、痛いくらいに固まっています。

あなたの頬に触れてみてください。

顎関節症にもつながる歯のくいしばり

ゴリゴリと痛い所はありませんか。

食いしばりの癖がある方は、アゴや頬にとても緊張があるんですよ。

歯を常に食いしばっていると、歯だけの問題ではなく様々な所に不調が現れてきます。

頭痛、肩こり、耳鳴り、目の奥の痛みなど。

さらに、咬筋・側頭筋など顔の筋肉が緊張して

「あごがカクカク鳴る」
「口を開けづらい」

といった症状が出る顎関節症にもつながります。

どんな時に食いしばっているんだろう

自分の歯に力が入っていないかを意識することが大切です。

どの状態の時にギュッと力が入るのかを見つけてあげてください。

・仕事を頑張っている時
・メールの返信を急いでいる時
・聞きたくない人の話を聞かなきゃならない時
などなど・・・

何かに集中していたり、緊張している状態の時に多いはず。

「今、食いしばっているな」
と感じたら

「ふー」
っと吐いて

アゴの力をゆるむのを確かめてくださいね。

頬のマッサージを

顔のどの部分が硬くなっているか探してみましょう。

アゴや頬の周りを指先で触れてみます。

「わあ、ここ!痛~い!」と見つかりましたか。

そうしたら、頬やアゴの硬くなっている部分を優しく指先でクルクルとマッサージします。

力を入れてギューギュー押すと返って痛くなってしまいます。

クリームやオイルをつけて滑りを良くして優しく、やさしく♡

首のストレッチ

顔の緊張をほぐすためには、顔につながる首すじを伸ばしておくことも大切です。

1.頭を前に倒し、首の後を伸ばします。
2.頭を後にして、デコルテから首の前を伸ばします。
3.頭を右に倒し、首の左側を伸ばしたら斜め右に頭を落とします。
首の左後側が伸びていくのを感じましょう。
4.頭を左に倒し、首の右側を伸ばしたら斜め左に頭を落とします。
首の右後ろ側が伸びていくのを感じましょう。

美ストレッチ教室・首筋伸ばし

1から4を繰り返したら、ゆっくり頭を回して首すじ全体を伸ばします。

ゆったりした呼吸で、じんわり伸びるのを感じながら心地よくストレッチをどうぞ。

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村