日常のこと

日本の文化~五節句 5月5日端午(たんご) 菖蒲の節句、菖蒲で勝負!

今日もブログに来てくれてありがとうございます♡

5月5日は端午の節句、菖蒲の節句ですね!

男の子の誕生と健やかな成長を願う節句は、どのような由来があるのでしょう。

節句は節供、お供えする食べ物の意味

五節句は中国から日本の奈良の時代に伝わり宮中行事になりました。

江戸時代には一般に広がり、農作業の節目節目で行われていた古来からの風習が合わさって現在のような形になったそうです。

節句は、季節の節目に五穀豊穣、無病息災、子孫繁栄を願い、神さまにお供えをしたり邪気を払う行事です。

節句は節供ともいい神さまにお供えする食べ物を意味しています。

五節句
1.人日(じんじつ):1月7日 七草の節句
2.上巳(じょうし):3月3日 桃の節句
3.端午(たんご):5月5日 菖蒲の節句
4.七夕(しちせき):7月7日 七夕の節句
5.重陽(ちょうよう):9月9日 菊の節句

菖蒲の節句は何故、男の子の節句になったの?

菖蒲の節句では、邪気を祓うために菖蒲の葉を湯に入れた「菖蒲湯」が欠かせないものでした。

江戸時代になると、菖蒲を武士を貴ぶという意味の「尚武(しょうぶ)」にかけて、武士の間でも盛んに祝うようになっていきました。

身を守る大切な道具である鎧や兜を、安全祈願のために神社に奉納する習慣もあったそうです。

菖蒲が「尚武」や「勝負」に通じることや、葉の形が刀に似ていることから、男の子の節句へと変化をしていったのです。

鯉のぼりは立身出世を願う意味が込められているんですよ。


ちまきと柏餅

ちまきの起源は、中国の古代詩人が、世を愁い、川に身を投げたことを悲しんだ民が、餅米をれんじゅの葉で包み、邪気を祓う五色の糸で縛って、その霊を慰めるために川に供えたのが始まりです。

時代が下って茅(ちがや)の葉が使われるようになり、「ちまき」になりました。現在では、笹の葉が使われていますよね。

 

柏餅は、柏の葉が採れる関東を中心に食べる風習が広がりました。

柏の葉は枯葉となっても木から落ちず、新芽が芽吹くまで葉に留まることから、子孫繁栄の縁起をかついでいます。

終わりに

5月5日は、端午の節句。

はるか昔から、季節の節目に神さまにお供えをしたり、邪気を払う事を行ってきました。

現在では、端午の節句は男の子の誕生と健やかな成長を願う、親から子、孫への愛情の節句でもあるのですね。

この時期に頂ける、ちまきや柏餅も楽しみです!

あなたは、ちまき派ですか?柏餅派ですか?

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村