日常のこと

日本の文化~五節句~7月7日 七夕(しちせき)七夕の節句 彦星 織姫 流れ星

今日もブログに来てくれてありがとうございます♡

7月7日は七夕の節句です。

七夕

 

一年に五つの節句ある内の一つが七夕の節句ですね。

 

節句は節供、お供えする食べ物の意味

五節句は中国から日本の奈良の時代に伝わり宮中行事になりました。

江戸時代には一般に広がり、農作業の節目節目で行われていた古来からの風習が合わさって現在のような形になったそうです。

節句は、季節の節目に五穀豊穣、無病息災、子孫繁栄を願い、神さまにお供えをしたり邪気を払う行事です。

節句は節供ともいい神さまにお供えする食べ物を意味しています。

五節句
1.人日(じんじつ):1月7日 七草の節句
2.上巳(じょうし):3月3日 桃の節句
3.端午(たんご):5月5日 菖蒲の節句
4.七夕(しちせき):7月7日 七夕の節句
5.重陽(ちょうよう):9月9日 菊の節句

 

七夕(しちせき)の節句は裁縫の上達を願った

『裁縫の上達を願い素麺が食される』

日本古来の豊作を祈る祭りに、女性が針仕事などの上達を願う中国伝来の行事などが習合したものと考えられていたそうです。

七夕にそうめんが出てくるのは流れ星の意味かと思っていましたが、裁縫の糸の意味なんでしょうかね。

奈良時代には七月七日と定められ、牽牛(彦星)・織女(織姫)の二星を祭るとともに詩歌、縫製、染織などの技術上達を願う行事とされ、江戸時代以降は一般庶民にも広がりました。

 

七夕(しちせき)の節句は笹の節句と呼ばれた

『願い事を書いた短冊などを笹竹に付けて立てる』

7月7日の夜空に輝く、わし座のアルタイル(彦星)・こと座のベガ(織姫)の星に願いが届きますようにと、星に祈ったことから「星祭り」「笹の節句」とも呼ばれたそうです。

笹竹は生命力が強く、天に向かって真っすぐに伸びていくことから願いを届けてくれるという意味で笹に短冊や七夕飾りをつけるようになりました。

今日はあなたの願いも

あなたも願いを紙に書いてみてはいかがでしょう。

今夜は年に一度の再会

天に輝く織姫と彦星に、そっと願いを伝えてくださいね♡

七夕
ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村