日常のこと

桜の花言葉、桜の名前の由来 今年も花びら舞う満開が楽しみです!

今日もブログに来てくれてありがとうございます♡

一週間前に開花宣言が出ても、思うほど開かなかった桜たち。

昨日はまだまだだなあと思っていた川沿いの景色が、今日になって一気に桜色になってきました。

桜色の街中は、私たちの心をほぐしてくれますね。

今日は桜のお話です。

桜の名前の由来

サクラの名前の由来はいくつかあるようです。

1.「咲く」に複数を意味する「ら」を加えてサクラになった

2.日本神話に出てくる女神様、木花咲耶姫(コノハナノサクヤ姫)のサクヤをとった

3.春に里にやってくる稲(サ)の神の座(クラ)である

私は1だと思っていましたが、木花咲耶姫や稲の神からの由来も素敵ですね!

サクラの花言葉

サクラの花言葉は何だと思いますか?

咲いた桜を見ると誰でもが
「ああ、綺麗・・・」
と口にしたくなりますね。

桜のしとやかな美しさを女性にたとえて

 

「優美な女性」
なんですって♡

 

桜にはいろんな種類があり、それぞれに花言葉があるんですよ!

八重桜(ヤエザクラ): 豊かな教養、善良な教育、しとやか

染井吉野(ソメイヨシノ):純潔、優れた美人

山桜(ヤマザクラ):高尚、淡白、美麗

枝垂れ桜(シダレザクラ)優美、ごまかし、円熟した美人

彼岸桜(ヒガンザクラ):心の平安、精神の美、独立

冬桜(フユザクラ):冷静

寒桜(カンザクラ):気まぐれ、あなたに微笑む

枝垂れ桜なんか面白いですね。ごまかし、円熟した美人って。枝垂れた枝が隠してごまかしてるのかな?

休眠が打破され暖かくなると開花する

サクラは花芽をつくると葉で休眠ホルモンをつくって休眠します。

一定の寒さにより休眠が打破され、その後暖かくなり始めると開花を迎えるそうです。

休眠が打開され、私たちもそろそろ開花しましょう。

冬ごもりから目覚めて、大きな伸びをして、花開いてくださいね。

笑顔の一日をお過ごしくださいませ♡

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村