美ストレッチブログ

夏バテや冷えを防ごう!自分でできる改善策 食事編 

今日もブログに来てくれてありがとうございます♡

今年は8月に入っても涼しい日がありましたが、ここにきて急に夏本番!

ほんとに暑い毎日です。

日中の外出は避けたいほどの強い日差しで、おまけにマスクをしているので息苦しくなりますね。

 

汗が出て喉が渇き、体は水分ばかり欲しています。

暑すぎて食欲も低下しがちですが、やはり栄養の補給は大切です。

夏バテを防ぎ、体力を回復するための食事をご紹介します。

夏バテってなに?

夏の暑さに身体が順応出来ずに現れる様々な症状を総称 『夏バテ』と呼んでいます。
夏の暑さで体温が上昇すると、発汗等で体温を下げようとします。
多量の汗で失われた水分とともに、ナトリウムやミネラルなど身体の調子を整える栄養素も排出され、体内のバランスが崩れてしまいます。
その結果、体力を消耗し、夏バテを引き起します。

夏バテで起こりやすい症状

暑すぎて元気がない、水分が取られたようにしなしなっとなってしまう方、夏バテを疑ってみてください。

こんな症状はありませんか?

● ダルい
● 眠れない
● 疲れやすい
● 下痢・便秘
● むくみ
● イライラする
● 立ちくらみ・めまい

冷え過ぎもダメ

暑いからと、体を冷やすものばかりとっていませんか?

冷やし過ぎも夏バテ同様、体がだるく疲れやすい症状が出てきます。

キンキンに冷えたビールや、氷たっぷりのジュース、アイスやかき氷など、夏になるとつい手が伸びてしまう冷たい食べ物や飲み物。

冷房づけで、さらに冷やすものばかり食べていると、胃腸が冷えすぎて機能が低下し、胃もたれや下痢を起こす原因にもなります。

常温の食べ物や温かい汁物などを取り、内臓を冷やさないようにすることが大切です。

失われたミネラルを補給する

ビールや冷たい飲み物がおいしくて、ぐぐっと一気に飲み干したいところですが、一気飲みは避けましょう。胃腸が急激に冷え、体が驚いてしまいます。

冷房の効いた屋内では、体を温める暖かい飲み物を摂ることも必要かもしれません。

調味料は、精製されていないものほどビタミン、アミノ酸、ミネラルを豊富に含むので、代謝が上がり体を温めてくれる効果があります。

砂糖なら黒砂糖、酢なら黒酢、塩なら天然塩がお勧めです。

トマトやきゅうりなど、ウリ科の夏野菜は暑い時期に体にこもった熱を逃がす働きをします。

しかし、冷房がガンガンに効いた場所で体を冷やす食材を食べると、体が冷えすぎてしまう場合もあります。

そんな時は、火を通した温かい料理にしたり、体を温める効果のある天然塩をかけ、効果的に利用しましょう。

暑すぎも冷やし過ぎも体は悲鳴をあげます。体調不良の原因を考えながら、上手に対処してくださいね。

疲労回復効果を高める食材

夏バテで胃腸が弱っている時に、スタミナをつけようと脂肪たっぷりの肉やウナギを食べて、余計に胃腸に負担がかかります。

疲労回復効果のある栄養素が含まれた食材を意識的に摂りましょう。ビタミンB1は代謝を高め疲労回復の効果が高まり、アリシンはビタミンB1と結合すると体内の吸収が良くなります。

ビタミンB1は、豚肉の他、玄米やタイ、カツオ、マグロなどの魚、豆類にも豊富です。豆腐、納豆、枝豆などもお勧めですよ。

アリシンは、玉ねぎ、にんにく、ねぎなどに含まれます。

ビタミンB1の豊富な食品に、ねぎやにんにくを上手にプラスして疲労回復効果を高めましょう。

 
ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村