日常のこと

日本の文化~五節句~9月9日 重陽(ちょうよう)菊の節句 菊酒 被綿 後の雛

今日もブログに来てくれてありがとうございます♡

9月9日は五節句の一つ、重陽(ちょうよう)です。

節句は節供、お供えする食べ物の意味

五節句は中国から日本の奈良の時代に伝わり宮中行事になりました。

江戸時代には一般に広がり、農作業の節目節目で行われていた古来からの風習が合わさって現在のような形になったそうです。

節句は、季節の節目に五穀豊穣、無病息災、子孫繁栄を願い、神さまにお供えをしたり邪気を払う行事です。

節句は節供ともいい神さまにお供えする食べ物を意味しています。

五節句
1.人日(じんじつ):1月7日 七草の節句
2.上巳(じょうし):3月3日 桃の節句
3.端午(たんご):5月5日 菖蒲の節句
4.七夕(しちせき):7月7日 七夕の節句
5.重陽(ちょうよう):9月9日 菊の節句

9と9が重なる縁起の良い日

9月9日の重陽の節句の起源は、他の節句同様中国にさかのぼることができます。
中国では奇数は縁起のよい陽の日とされ、3月3日、7月7日など奇数が重なる日を幸多い日と考えました。

中でも一番大きい陽の数である9が重なる9月9日を「重陽」と呼び、縁起の良い日として行事が行われるようになりました。

 

重陽(ちょうよう)の節句は菊の節句ともいう

中国では、菊はすぐれた薬効をもつ植物として古くから知られ、4世紀に記された書物には菊が群生している谷を下ってきた水を飲んだ村人たちが長寿になったという「菊水伝説」が登場します。

菊のエッセンスをふくんだ水を飲むと健康で長寿になれる・・・

そのような重陽節(重陽の節句)における菊の薬効と伝説は、海を渡って日本の平安貴族にもたらされ季節の行事の中へと定着していったのです。

 

 

9月9日の行事食

1年を通して自然の恵みに感謝し、節句などのや祭りの際にいただく物を行事食といい、健康祈願の意味も含まれ食します。

重陽の節句では、菊を鑑賞しながら菊酒を飲むことや、菊の花びらを料理に添えることで長寿を願います。

また、作物の収穫時期と重なるため、庶民の間では栗の節句として栗ごはんを食べる習慣もあるようです。

 

 

さらに、「くんち(九日)に茄子を食べると中風にならない」という言い伝えもあります。

重陽の節句の際に行われた祭りであることから、「くんち」の名前が定着したと言われています。九州で行われる「長崎くんち」や「唐津くんち」はその名残です。

重陽の節句に「茄子の煮びたし」や「焼き茄子」などの茄子料理を食べ、不老長寿や無病息災を祈ります。

 

菊湯、菊枕、菊合わせ

菊湯や菊枕、菊合わせと呼ばれた行事も、重陽の日に行われました。

菊を湯船に浮かべた「菊湯」に入ったり、乾燥した菊の花びらを詰めた「菊枕」で寝ることで邪気を祓い、健康長寿を願い

「菊合わせ」という行事で、大切に育てた菊を持ちより美しさを競いました。

現在も、各地で菊の品評会や鑑賞会が行われていますね。

 

終わりに

無病息災を願う重陽の節句。

今まであまり親しみのなかった方も、今年は菊酒や栗ごはん、茄子料理を味わい邪気を払ってみてはいかがでしょうか。

現在では菊も色とりどりで、部屋に飾るのも楽しいです。

菊の香りと行事食で、重陽の節句をお楽しみくださいませ。

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村