東京のストレッチ教室、踊る健康栄養士!杉山ゆみです。

杉山ゆみ公式サイト・プロフィール

踊る健康栄養士・杉山ゆみ

管理栄養士と健康運動指導士の資格を持ち、個人の体質と習慣に合わせたストレッチと食事により、外面と内面からサポートできる『健康と美しい体づくり』の専門家。

女はいつまでも「キレイ」でいられる!

先日、半年ぶりにお会いした女性のアゴから首すじのあたりがとってもスッキリしていて、声をかけられるまで気が付きませんでした。

実は彼女は、以前の私のメルマガ『自分の体に触れてほぐす!セルフケアでしなやかボディへの道』をお読み頂き、首すじと鎖骨を毎日ほぐしていたそうなんです!

当サイトにお越し頂き誠にありがとうございます。

私は栄養と運動の2つの資格を保有する『健康と美しい体づくり』の専門家です。日々の食事への意識で体の内側から健康になるだけではなく、ストレッチで外見も綺麗になることを日々伝えています。

こちらで「何故、管理栄養士の私がストレッチの講師としても活動しているのか?」についてお話させて下さい。

管理栄養士として勤めながらも、趣味でおこなっていたダンスやストレッチを頼まれて、いくつかのサークルで教えていました。それは、現在50代後半の私が20代の頃からずっと続けていた楽しみでもありました。

仕事はというと、年齢と共に責任あるポジションになり、やりがいはありながらも日に日に緊張感、ストレスがたまってきました。ストレッチをおこなっているにも関わらず何となく抜けきらず、楽になりませんでした。

ストレスを受けている時、それはカラダにどんな反応があるのでしょうか?

私は、だるい、重たい、コリがある、しびれる、痛い、痒い、ゆるまない、泣きたくなる、怒りたくなる・・・・。心地良くない状態のすべてを感じ、まるで殻の中に閉じ込められているような身動きできない感覚でした。

このままでは体がおかしくなる、いつも不調で、自分でコントロールできない体になる、早く年を取ってしまう、老人になってしまう、そんなの嫌だ!と思うようになりました。それは、体からの訴えのようでした。このまま放っておいてはいけないと危機感を覚えました。

そして、体と少し向き合う時間を作ってみようと試みたのです。

それからは、毎朝起きるとすぐに横になってストレッチを繰り返すようになりました。いつもの簡単に伸ばすストレッチではない、体の奥の固まりをほぐすような動きでした。

自分の体を真剣に見つめ、痛い部分やほぐれる方向を探し、気持ちのいい動きや角度をつかんでいきました。

時間のある時は何時間も、忙しい時は立ったまま、時間の取れない日は電車の中や信号待ちのときなどに、常に体の反応を確かめていました。

それは、私自身の体だけではなく、心に向き合うことだったのだと思います。

徐々に、本当に薄皮がはがれるように痛みやコリが取れ、体が楽になり、気づくと体型が変わっていました。

東京のストレッチ教室、踊る健康栄養士!杉山ゆみです。2

どんな風に変化したかというと、体が非常にしなやかになり、ただ柔軟であるというだけでなく、ムチのように戻る力強い体で、軸のブレがなくなってきました。体が真っ直ぐ左右対称になり、丹田にストンと意識が集中されて、余分な緊張が抜けてきました。肩や首の力が抜けたと感じた時は、こんなに緊張していたのかと改めて思いました。

さらには、お尻のぜい肉がなくなり、ウエストが細くなり、棒のように直線的だった体が曲線を帯びてきて女性らしい体型に変わってきたのです。

体の声に従って心地よく動かすことを続けると、寝起きが良くなり、体が軽く、朝起きた時は羽が付いているようにスキップしたくなる体になります。自分のやりたいこと、今日の仕事にストレートに進んでいけるようになり余分な神経を使わなくなります。体を動かして心地よくなると、心の状態まで変わってきます。体と心はいつも一緒です。

体の声を聴くという感覚はとても簡単です。疲れるといつも出てくる体の不調ってありませんか。あなたが感じるあなただけの感覚です。頭痛、肩コリ、目のかすれ、目の渇き、喉の痛み、咳、肩甲骨のコリ、腰の痛み、股関節やヒザの痛みなどなど。それが、あなたの特徴で、あなただけが分かっている体からの言葉です。体は言葉で伝えられないので、体調不良で伝えています。あなたに気づいて欲しくて、最初は小さく、徐々に大きく、無視されると範囲を広げて伝えてきます。

気持ちを向けてくれるまで、不調を改善してくれるまで、伝え続けます。何故なら、あなたが元気で笑顔でいて欲しいからなんです。あなたの体は生まれてきたときからずっとあなたが良い気分でいられるように応援しています。体の声を聴いてみませんか。

体の変化に年齢は関係ありません。私のレッスンにいらしている、60代から80代の女性も輝きを増しています。

あなたのカラダをつくる元となる食事も重要です。バランスよい食事と共に、食事と運動を楽しみながらお続けください。

50代以降の女性だけではなく、肩や首のコリに悩まされている20代、30代の女性や、更年期障害が現れ始める40代の女性、そして、見た目を変えたいスッキリさせたいという男性にも役立ちます。

私のスタジオでレッスンを受けるだけではなく、冒頭でお伝えさせて頂いた「効果を実感し、実際に見違えるほど美しくなられた女性」のようにレッスンで覚えたことをご自宅でやっていただいても変わるのです。

あなたとの出会いで、あなたの体と心が軽く心地よくなり、幸せが大きく広がることを心から応援いたします。

詳しいプロフィール

栄養士の資格を生かして老人ホームで働く中、入居者たちの無表情なリハビリ訓練を見て、もっと楽しく音楽に乗って体を動かすことはできないかと感じていた時期に、エアロビクスに出会い、幼少期から習っていたバレエの経験も活かしてエアロビクスのインストラクター資格を取得。

高度な動きを目指す他のインストラクターとは違い、高齢者など動けない人を対象にした運動をしたいと考え、栄養士として勤めながらもサークルで中高年者を対象にストレッチを中心にしたダンスを教える。

1996年、仙台に居住、自治体を中心に赤ちゃんから高齢者までの栄養相談や調理実習をおこなう。その後クリニックに勤務しクリニック内で一人ひとりにあった食事アドバイスをおこないながらも、患者さんを対象にストレッチタイムを設けるなど、食事と運動の両面からアプローチ。

50歳が近くなった頃から、多忙な日々の中で肩こりや腰痛など体調がすぐれない日が続き、ストレッチで体のコリやゆがみをほぐすことを繰り返すと、次第に体の奥の筋肉がゆるみ、腰痛や肩こりがなくなるだけでなく、女性らしいしなやかな体へと変化した。

ヒップの贅肉がなくなり、ウエストが細くなり、バストの位置が高くなるなどの変化を体感し、このストレッチをオリジナル化して、体型が気になる方や体調に変化を感じる50代以降の女性たちを対象に伝えることを決める。

現在、お客様一人ひとりの体の悩みに合わせたストレッチをおこなうと共に、食生活のアドバイスもできる専門家として、1+1は3にも4にもなる大きな効果を上げている。

30年の実務経験の中で、食事で延べ3700名、運動で延べ3300名、合計7000名を超えるサポートを続け、OLから高齢者まで幅広い年代の女性から圧倒的な支持を得る、食事と運動の2つの資格を保有する『健康と美しい体づくり』の専門家である

趣味:サルサダンス